« 20121223記 現状では自衛隊員を犬死させる「集団的自衛権」 国連憲章の平和理念に矛盾し 日本国憲法の平和理念、条項から乖離している 鬼の首でも取ったように喧伝する安倍自民党総裁の無知  | トップページ | 20121227記 第2次安倍内閣と主権者国民との間に益々巨大になる乖離 »

20121225記 国民の運動が新しい、前進した政治の土台を作っている。 国民の運動と選挙は車の両輪である。

今回の選挙は、国民運動の発展が政治を変える力になることを示したのが特徴だった。
 
即ち、消費税増税反対や「原発ゼロ」、環太平洋連携協定(TPP)参加阻止など全国でおこった国民運動が、今回の総選挙結果に果たした役割は大きい。

たとえば消費税増税問題は、民主党が前回の総選挙での公約を投げ捨てて、自民党、公明党との3党合意で2014年に8%、15年に10%に引き上げる法律を成立させたあとの、最初の国政選挙でもあり、本来、重大争点であるべきであった。メディアのどの世論調査でも増税反対が賛成を上回るまでに進んでいた。

しかし3党は、いっさい口を閉ざし、争点隠しに終始した。いまの大不況下でこんな大増税をすれば、経済の底がぬけてしまう深刻な問題が論争であきらかになったら、実施を前にして国民の大反対運動を招く恐れがあるからである。

原発問題では、推進が本音の自民党でさえ、原発反対の世論と高まる運動を恐れて、「最適な電源構成」を10年以内につくるなどと判断をうやむやにし、安倍晋三総裁は街頭で「原発に依存しない社会をつくる」と演説した。関西電力大飯原発を再稼働し、電源開発大間原発の建設を再開した民主党の野田佳彦代表も「30年代に原発稼働をゼロにする」と矛盾だらけの主張を展開した。こうした争点を先送りしたり、あいまいにして支持をとりこもうとした各党の姿勢のなかに、国民運動がいかに大きな影響を与えていたかがはっきり見える。

TPP問題でも同様である。この間、全国でJAグループ、医師会はじめTPP参加に反対する大運動が広がった。このため野田代表は、TPP推進にあたっては「守るべきものは守る」といい、安倍総裁も「『守るべきものは守っていく』という交渉はできる」などと、実際にはありえない主張をくりかえした。

TPPへの参加は「例外なき関税ゼロ」を大原則にしており、これを受け入れるのが条件です。「守るべきものは守る」などという主張は通用しない。野田代表も安倍総裁もテレビの討論番組で賛否を問われて、結局、推進とはいえず、△マークを書いて逃げた。一方で自民党の当選者の多くがTPP参加断固阻止をかかげていた。参加反対の運動、共同の輪の広がりが論戦に反映されていたことはあきらかである。

総選挙をうけて、国民運動の重要性はいっそう高まっている。近く発足する安倍・自公政権は、国会の多数議席を背景に、アメリカや財界の要求にこたえて、国民の利益に反する政治を強行しようとしている。国民とのあいだで激しい矛盾を引き起こすことは必然である。

たたかいは新たな意気込みで始まっている。「原発いらない」と訴える首都圏反原発連合の毎週金曜日の首相官邸前抗議行動は、政権交代後も計画するなど、さらに大きな運動になろうとしている。TPP参加反対の運動も、活動を強化している。

国民の大運動と選挙は車の両輪となって、国民が願う政治の実現のために加速度的に強力に前に進むであろう。


政治 ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

|

« 20121223記 現状では自衛隊員を犬死させる「集団的自衛権」 国連憲章の平和理念に矛盾し 日本国憲法の平和理念、条項から乖離している 鬼の首でも取ったように喧伝する安倍自民党総裁の無知  | トップページ | 20121227記 第2次安倍内閣と主権者国民との間に益々巨大になる乖離 »