« 20121213記 竹中平蔵氏が日銀総裁に? 旧保守主義と新自由主義が手を結んだ最悪政権誕生の場合 今後益々、主権者国民の対峙と決意、たたかいが求められるであろう | トップページ | 20121215記 厳しい されど 明るい展望がある今日 »

20121214記 決めていない人がまだまだ沢山居るそうです 決めてもまだ迷っている人も居るそうです 選挙は投票箱が閉じるまでが勝負と言われております

衆議選は今晩、明日と過ぎ、そして明後日が投票日になります。
結果がどうなるかは、投票箱の蓋が開くまではわかりません。

候補者、政党は勿論、有権者にとっても、その存亡、命がかかっている真剣勝負であり、死闘だと思います。

特に有権者であり、国の主(あるじ)である国民は「原発・放射能NO」、「福祉切捨て・消費税増税中止」、「TPPによるアメリカへの従属強化ストップ」、・・・といった深刻な課題をたたかい取らなければ今後生きていけなくなると思います。

生存出来るか、否か。 それは正に主である有権者の肩にかかっておると思います。


政治 ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

|

« 20121213記 竹中平蔵氏が日銀総裁に? 旧保守主義と新自由主義が手を結んだ最悪政権誕生の場合 今後益々、主権者国民の対峙と決意、たたかいが求められるであろう | トップページ | 20121215記 厳しい されど 明るい展望がある今日 »