« 20121102記 老害知事の突然のミーイズム「都政ブン投げ」 都民に与える計り知れないダメージ | トップページ | 20121104記 「石原さんは(ナチス政権にかかわった)ヒンデンブルク大統領のようになる」 かつての盟友亀井静香氏の箴言  »

20121103記 今日は日本国憲法公布66周年記念日 色褪せた橋下維新と石原新党の反動路線

Images

今日は11月3日、日本国民の総意と参加により作られ共有された先駆的、画期的、歴史的な日本国憲法が公布されてから実に66年も経て迎えられたまことに国民にとって有意義な記念すべき日である。

人類普遍の原理「平和と民主主義」を基調とする日本国憲法は日増しにその輝きを強めている。

この原理を蔑ろにして国民を苦しめる悪政を欲しいままにして来た自公民の政治は主権者国民によって「NO!」と断罪されるまでに至ったが、蓋し当然であろう。

リリーフとして躍り出た、国民不在の、橋下維新と石原新党は、虚構の「第3極」を売り物にして、人類普遍の原理である「平和と民主主義」に挑戦するも、その前には抗すべくもなく、搦め手てからと、先ず、姑息にも、「憲法改正手続き条項」への攻撃を始めている。

しかし、人類普遍の原理である「平和と民主主義」の原理は変えることの不可能な普遍の理念であり、それに挑む政治はファシズムの政治以外の何物でもない。

主権者である国民の冷徹、深淵な眼力を甘く見る者は必ずやしっぺ返しを受けるであろう。

橋下徹と石原慎太郎はこのことを銘記すべきである。


政治 ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

|

« 20121102記 老害知事の突然のミーイズム「都政ブン投げ」 都民に与える計り知れないダメージ | トップページ | 20121104記 「石原さんは(ナチス政権にかかわった)ヒンデンブルク大統領のようになる」 かつての盟友亀井静香氏の箴言  »