« 20120806記 「核と人類は共存できない」 広島被爆67年の決意 | トップページ | 20120809記 庶民増税・消費税増税勢力にNO! 国会を通して国民のナマの怒りと声が 6野党による不信任への火ぶたが切られた »

20120807記 主権者国民の声が 政治家・政党に 庶民増税採決に 「待った」

http://news.livedoor.com/article/detail/6830579/
livedoor > ニュース > 政治 > 
首相、色あせた「政治生命」 求心力低下 事態打開に妙案なし
2012年08月07日08時02分
提供:産経新聞

は、

下記のように(---内)、民自公の国民不在密室談合による庶民増税・消費税増税が主権者国民の声と威力により破綻寸前に瀕していることを報じている。
---------------------
 消費税増税を柱とする社会保障・税一体改革関連法案に赤信号がともった。野田佳彦首相は8日採決で妥協を図ろうとしたが、自民党は衆院解散の確約を求め拒否した。首相に妙案はなく、内閣不信任決議案に慎重な公明党に自民党への説得を期待するしかないのが実情だ。同法案の今国会での成立に「政治生命を懸ける」と繰り返してきた首相だが、土俵際に追い込まれている。

 「どんなことがあっても絶対に解散はさせない」

 民主党の輿石東(こしいし・あずま)幹事長は6日午前、国会内の幹事長室に樽床伸二幹事長代行や城島光力国対委員長らを集めた席でこう言い放った。

 このとき輿石氏らは首相の指示を受けて自民党の要求通り「法案の8日参院採決」を受け入れる方針を決めていたが、「自民党は採決には応じないだろう」と分析。7日に衆院に不信任決議案が提出されても「粛々と否決する」(出席者)ことを確認した。

 内閣や民主党の支持率が低迷する中、現時点で解散となれば、民主党の大敗は必至だ。首相周辺には事態打開のため、首相と谷垣禎一自民党総裁の会談を模索する向きもあるが、輿石氏は6日の記者会見で「『解散を確約しろ』という話になるから呼びかけない」ときっぱり否定した。

 自民党も一体改革をめぐる民主、自民、公明の3党合意の破棄を辞さない覚悟で解散確約を求めており、軟化の兆しはない。谷垣氏側近は解説する。

 「谷垣氏は9月の党総裁選まで座して死を待つより、解散を求め『挑戦』する道を選んだ」

 そのための「最終兵器」が参院への首相問責決議案提出だ。野党が多数を占める参院で決議案の可決は確実だ。一体改革法案成立は絶望的となる。

 政府内からは「3党合意の破棄は政党政治の自殺行為だ」(玄葉光一郎外相)との悲鳴が上がった。

 また、6日夜の自民、公明両党の幹事長・国対委員長会談では、自民党側が「強い姿勢で臨んでいるから、事態が動いた」と、歩調を合わせるよう迫ったのに対し、公明党側は「消費税増税法案になぜ賛成するかを説明したDVDまで作って全国に配った。その立場を分かってほしい」と自制を求めた。

 もっとも肝心の民主党内からは「法案は通らなくていい。解散する必要はない。9月の代表選で代表を代えればいい」と、半ば公然と首相退陣に言及する幹部まで現れた。

 求心力の低下を裏付けるかのように、首相が6日午後に広島から戻っても、官邸を訪れる党幹部はいなかった。首相も夕方にはさっさと公邸に帰ってしまうなど、是が非でも一体改革法案を成立させようという気迫は感じられない。何度も繰り返してきた「政治生命を懸ける」という首相の言葉は完全に色あせている。(水内茂幸)
---------------------

|

« 20120806記 「核と人類は共存できない」 広島被爆67年の決意 | トップページ | 20120809記 庶民増税・消費税増税勢力にNO! 国会を通して国民のナマの怒りと声が 6野党による不信任への火ぶたが切られた »