« 20120712記 紫陽花 涼やか | トップページ | 20120718記 死ぬべきか生きるべきか 紫陽花革命へ  主権者の内面が震源地 »

20120716記 「さようなら原発」 もう黙ってはいられない 17万人の意志表示 本日代々木公園

毎日jp
http://mainichi.jp/select/news/20120717k0000m040035000c.html
脱原発集会:17万人参加、最大規模に 東京・代々木公園
毎日新聞 2012年07月16日 20時22分(最終更新 07月16日 20時35分)

は、

今日の「さようなら原発10万人集会」(代々木公園)に17万人が結集したことを、下記のように報じている。
---------------------
 脱原発を訴える「さようなら原発10万人集会」が16日、東京都渋谷区の代々木公園で開かれた。猛暑の中、主催者発表で約17万人、警察当局の集計で約7万5000人が参加。東京電力福島第1原発事故後に広がった脱原発運動の中で最大規模の集会となった。

 市民団体や労働組合などでつくる「さようなら原発一千万人署名市民の会」が主催。作家の大江健三郎さんや音楽家の坂本龍一さんらが呼びかけ人となった。福島県や、関西電力大飯原発が立地する福井県の住民も参加、毎週金曜日に首相官邸前で抗議行動を続けている市民も加わった。

 坂本さんは集会で「電気のために子どもの未来を危険にさらすべきでない」とあいさつした。参加者はその後、新宿、原宿、渋谷の3方向に分かれて行進し、「原発いらない」「再稼働反対」などと訴えた。

 市民の会は昨年9月にも同様の集会を開き、主催者発表で約6万人、警察当局集計で約3万人を集めた。【水戸健一】
----------------------

|

« 20120712記 紫陽花 涼やか | トップページ | 20120718記 死ぬべきか生きるべきか 紫陽花革命へ  主権者の内面が震源地 »