« 20120406記 『無知の知』というソクラテスの洞察を操る 名哲人宰相? 野田佳彦首相 | トップページ | 20120409記 マスコミは 「オウム」に賛成、 「原発」に賛成、 過激派・連合赤軍の擁護者か?  「知の巨人」と天まで吉本隆明という人を持ち上げている »

20120407記 主権者国民の声が遂に国会議員を動かす 大飯原発 拙速な再稼働やめよ 超党派国会議員 政府に要請

しんぶん赤旗
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik12/2012-04-07/2012040701_03_1.html
「大飯原発 拙速な再稼働やめよ 超党派国会議員 政府に要請
2012年4月7日(土)

は、

下記のように(---内)、大飯原発の拙速な再稼働やめよと超党派国会議員が政府に要請したことを伝えております。 主権者である国民が声をあげることの重要さが分かりました。
-----------------------
 超党派の国会議員でつくる「原発ゼロの会」は6日、藤村修官房長官と首相官邸で会談し、関西電力大飯原発(福井県おおい町)について、拙速な再稼働をやめるよう申し入れました。

 要請文書は日本共産党の笠井亮衆院議員と、民主、自民、公明、みんな、きづな、社民の各党議員8人の連名です。

 文書は、「福島第1原発事故の収束も事故原因の究明・検証もなされておらず、課題が何ひとつ解決されていない」と指摘。「『暫定安全基準』を持ち出して拙速かつ無原則な再稼働を決断することのないよう強く要請する」と述べ、独立性を担保した原子力安全規制体制の発足を求めました。

 笠井氏は「事故原因の究明を抜きにした『再稼働ありき』だ」と批判。「新基準」なるものでは何年もかかる安全対策も計画さえあればよいとされ、その間は事故が起こらない前提になっていると指摘し、「新たな『安全神話』そのものだ。これでは地元と国民の支持も理解もえられない。再稼働の押し付けはやめるべきだ」と主張しました。

 藤村官房長官は「現在はプロセス(過程)であり、ていねいにやっていきたい」と述べました。

 これに先立つ記者会見で、社民党の阿部知子衆院議員は「なし崩しの再稼働は認めがたい」と表明。自民党の河野太郎衆院議員は「ゴールありきででっちあげるやり方」だと批判し、民主党の近藤昭一衆院議員は「与党として政権として原子力行政は見直していかなくてはならない」と語りました。
-----------------------

|

« 20120406記 『無知の知』というソクラテスの洞察を操る 名哲人宰相? 野田佳彦首相 | トップページ | 20120409記 マスコミは 「オウム」に賛成、 「原発」に賛成、 過激派・連合赤軍の擁護者か?  「知の巨人」と天まで吉本隆明という人を持ち上げている »