« 20120305記 人の内心、尊厳は絶対である 驕る愚かな君が代条例 人類普遍の理性、自由、歴史が絶対許さない!! | トップページ | 20120320記 現状は明晰判明 「アメリカ本位」・「財界本位」 を 「国民本位」が阻む »

20120307記 「原発は生命と両立しません。原発は非人道的な技術であり他者の犠牲を前提にしています。無知蒙昧な福島県民もようやく気が付きました。地元自治体は貧困から脱却したい一心で原発に飛びついたのでしょうが高くつきました。」・・・或る被害者の叫び

間もなく、あの地震、津波、福島原発人災が起きてから一年を迎えます。被害を受けた方々には改めてお見舞い申し上げます。一日でも早く、復興し、被災者の皆様が元の生活に戻れることを祈るばかりです。

そうした中、或る福島の被害者の方の一文に注目させられました。改めて、特に福島原発事故を考えさせられております。

その一文の一部を、下に記します(---内)。大変重い、教訓に満ちた内容です。
----------------------------
(skip)
実際、原発事故直後、重病患者や高齢者が置き去り状態になり多くの命が失われました。日本に原発がある限りやがて多くの人間達がたどる道かもしれません。

原発は生命と両立しません。原発は非人道的な技術であり他者の犠牲を前提にしています。無知蒙昧な福島県民もようやく気が付きました。地元自治体は貧困から脱却したい一心で原発に飛びついたのでしょうが高くつきました。

このような哀れな福島県の姿を他山の石として皆さんはよくお考えになってほしいと思います。命とお金を天秤にかけた結果です。こんな悲惨な経験は我々福島県民だけでたくさんですよ。

原発が本当に必要で安全ならぜひ東京に作りましょう。

無知と貧困は人類の大罪です。
------------------------------

日本の現状では54基もの原発が今尚存在し、それも活動期の地震列島上にあります。今でも震度4や5の地震が頻発しております。何時福島県の人達と同じ運命に襲われるかも知れません。(福島県の人達には申し訳ありませんが)

政府は一刻を争って、原発NO!を決定し、その実現にとりかかるべきです。曖昧な姿勢は絶対許されない問題です。犠牲者の皆様、福島の皆様の教訓を活かす重大な責任と義務がある筈です。

政治は何のためにあるのだ!!

後悔先に立たず。

|

« 20120305記 人の内心、尊厳は絶対である 驕る愚かな君が代条例 人類普遍の理性、自由、歴史が絶対許さない!! | トップページ | 20120320記 現状は明晰判明 「アメリカ本位」・「財界本位」 を 「国民本位」が阻む »