« 20120205記 いよいよ 日本の民主政治を蝕むガンの切開手術が始まった 防衛省権力によるグルミ選挙が明るみに  | トップページ | 20120209記 増税反対 ついに「造反」明言 小沢同調議員120人に迫る 無責任、国民不在の民主党野田内閣!! »

20120206記 京都市長選結果 当選は無所属現職の門川大作氏(61)=民主、自民、公明、みんな、社民府連推薦=が選ばれ、再選を果たす(22万票獲得) 無所属新人で弁護士の中村和雄氏(57)=共産推薦=は落選(19万票獲得)

棄権者が63%。 棄権の理由は病気、サイレント批判票等ということでしょうか? 

何れにしても、41万人もの人たちが自分の運命を開き、日本の民主政治の発展させるために貴重な一票を投じたわけです。民主政治の確立は時間がかかる人間社会の一大事業だと思います。有権者でもある主権者お互いの話し合いと活動などを通して人間の普遍の原理である「命・暮らし・生業・自由・権利・議会制民主主義、権力分立、平和」等が一歩、一歩と確立されて行くことに確信が湧いて来ます。能率、効率を過大評価するあまりの拙速な強力による政治の進め方は大変危険だと思いました。

msn産経ニュース
http://sankei.jp.msn.com/region/news/120206/kyt12020602010000-n1.htm
京都市長選 門川氏、組織力の勝利
2012.2.6 02:01
は、

京都市長選の結果を下記のように(---内)報じています。
--------------------
  ■実績・実行力アピール 「閉塞感打破し新時代開く」

 5日に投開票された京都市長選。新人と現職による「共産対非共産」の構図で争われた古都のかじ取り役には、無所属現職の門川大作氏(61)=民主、自民、公明、みんな、社民府連推薦=が選ばれ、再選を果たした。推薦政党や連合京都、経済界などの組織力を発揮し、行財政改革など1期目の実績や山田啓二知事との連携による「府市協調」をアピール。前回選で951票差まで迫り、市政刷新を訴えた無所属新人で弁護士の中村和雄氏(57)=共産推薦=を突き放した。投票率は36・77%で前回(37・82%)を下回り、過去4番目の低さだった。

                   ◇

 京都市下京区の門川大作氏の選挙事務所では、支持者や政党関係者らが続々と集まり、テレビの前で速報の結果を待った。

 午後8時の投票終了直後、「当選確実」の一報が流れると、「よし!」「やった!」という歓声や拍手がわき起こり、会場は喜び一色のムードに。まもなく会場に現れた門川氏は支援者らの祝福を受けて深々と一礼し、壇上で満面の笑みを浮かべた。

 確認団体「未来の京都をつくる会」の立石義雄会長は「多くのみなさんのおかげで再選された。ぜひともマニフェストで約束した政策を実行いただきたい」と勝利を宣言すると、大きな拍手が上がった。

 門川氏は会場と一体となってバンザイを三唱。再選の喜びに目を潤ませながら「京都から日本の閉塞感を打破し、新しい時代を開く。市政の改革を進め、府政との連携を深めたい」と力強く抱負を述べた。

 門川氏は昨年12月に立候補を表明。前回選は府連推薦だった民主のほか、自民、公明、みんな、社民府連の推薦を受け、1期目の実績や実行力をアピール。山田知事との府市協調も打ち出し、支持を得た。

 京都市内で厚い支持基盤をもつ共産から推薦を受けた相手候補に対し、門川氏陣営は「投票率が30%を切れば危ない」と警戒。きめ細かく市内を回り、勝利を引き寄せた。
----------------------

また、

しんぶん赤旗
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik11/2012-02-06/2012020601_04_1.html
京都市長選 中村候補が大健闘 民自公相乗り与党候補に肉薄
2012年2月6日(月)

は、

京都市長選の結果を下記のように(---内)報じています。
---------------------
当選は門川氏

 5日投開票された京都市長選で広範な市民と日本共産党が推す「京都市政を刷新する会」の中村和雄候補(57)=新、弁護士=は前回票を大きく伸ばし、18万9971票を獲得し、大健闘しましたが、及びませんでした。当選は、民主、自民、公明などの「相乗り与党」が推す現職の門川大作候補(61)。

 京都市中京区の事務所で会見した中村氏は「市民のみなさんが本当に一生懸命に自分の選挙としてたたかってくれました。市民のために引き続き頑張りたいと思います」と話しました。

 選挙戦で中村氏は、消費税増税反対、国保料値下げ、公契約条例などの政策を語り、論戦をリードしました。

 中村氏の原発をなくす主張に共感した多くの子育て中の父母らが、初めて選挙応援に参加。若者文化を支えるクラブの深夜営業を守ろうとの主張は、ツイッターやブログを通じて若者の共感を呼び、中村氏を応援する動きが広がりました。

 一方、門川陣営は、消費税増税については推進の本音を隠して沈黙したままでした。

 開票結果は次の通り。

当門川 大作61無現 221765

 中村 和雄57無新 189971

 (投票率36・82%)
-------------------------

|

« 20120205記 いよいよ 日本の民主政治を蝕むガンの切開手術が始まった 防衛省権力によるグルミ選挙が明るみに  | トップページ | 20120209記 増税反対 ついに「造反」明言 小沢同調議員120人に迫る 無責任、国民不在の民主党野田内閣!! »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53299/53919771

この記事へのトラックバック一覧です: 20120206記 京都市長選結果 当選は無所属現職の門川大作氏(61)=民主、自民、公明、みんな、社民府連推薦=が選ばれ、再選を果たす(22万票獲得) 無所属新人で弁護士の中村和雄氏(57)=共産推薦=は落選(19万票獲得):

» 米軍基地の固定化は今に始まったことじゃない [偏西風にのって]
時事ドットコム 普天間固定化の恐れ=日本側追加負担も-米軍再編 【ワシントン時事】米国防総省が在沖縄海兵隊のグアム移転計画を見直し、規模縮小に踏み出したのは、国防費削減圧力を強める議会を納得させつつ、... [続きを読む]

受信: 2012/02/07 03:06

« 20120205記 いよいよ 日本の民主政治を蝕むガンの切開手術が始まった 防衛省権力によるグルミ選挙が明るみに  | トップページ | 20120209記 増税反対 ついに「造反」明言 小沢同調議員120人に迫る 無責任、国民不在の民主党野田内閣!! »