« 20111119(土)記 学校教育を知事及び議会の直接的な支配下に置こうとする 橋下維新の会 大阪府教育基本条例案 浅田次郎さん・杉良太郎さん・竹下景子さんら 学者文化人 立場超えて反対アピール | トップページ | 20111203(土)記 集票で勝っても 政治的には敗北 維新の会・橋下大阪市長 »

20111128(月)記 大阪ダブル選挙で政治の対決点が更に明確になった!! 

転成仁語
http://igajin.blog.so-net.ne.jp/
11月28日(月) 大阪ダブル選挙の結果は政治の混迷状況を深めるだけだ [選挙]
は、

大阪ダブル選挙の結果について、下記のように(---内)論評しております。
----------------------
 注目の大阪ダブル選挙の投票が行われました。市長選挙と府知事選挙の結果は、次のようになっています。

市長選挙
橋下 徹 750,813
平松邦夫 522,641

府知事選挙
松井一郎 2,006,195
倉田 薫 1,201,034
梅田章二  357,159

 選挙の途中に発表された投票率で、市長選挙が前回より11ポイントも高いと報じられました。これを見たとき、「これは橋下候補が勝つ」と感じたものです。
 府知事選挙の方は1ポイントの上昇にすぎませんでした。こちらの方は、微妙だと思いました。
 最終的に、投票率は市長選で60.9%となり、40年ぶりに6割を超す記録的な高さになりました。一方、知事選の投票率は52.9%で、12年ぶりに5割を超えました。

 このような投票率の上昇は、これまで選挙に行かなかった人々が大挙して投票所に押し寄せ、そのかなりの部分が維新の会の候補者に投票したことを示しています。おそらくその多くは、普段は政治に興味や関心がなかった若者や主婦層(いわゆる「B層」と呼ばれる人々)など無党派層だったと思われます。
 日本の政治状況や大阪の現状に不満を持ちながら、どうして良いか分からなかったこれらの人々が、不満のはけ口や変化への希望を求めて行動に出たのではないでしょうか。その点では、「アラブの春」、「99%運動」や「オキュパイ運動」、最近の若者による脱原発デモなどとも共通する政治的・社会的背景があるように思われますし、30万人以上ものフォロワーがいるという橋下さんのツイッターが威力を発揮したと思われる点も共通しています。
 経済の地盤沈下の中で大阪は幸福度最低だとの調査もあり、閉塞感の中で若者やおばちゃんは怒っていたのです。その怒りのはけ口となったのが、橋下さんの維新の会だったのではないでしょうか。

 今回の選挙結果をもたらした要因はそれだけではありません。これに加えて、橋下さんの知名度、演説の力、大阪都構想に見られるような攻めの姿勢、若さなどの要素も大きかったと思われます。
 「ワイドショー型」の選挙戦も話題になりました。それを演出し、選挙統括本部長として仕切ったのが、お笑いコンビ「爆笑問題」などが所属する「タイタン」のマネージャーだったそうです。
 つまり、有権者の不満をかき集めるだけの主体的な工夫や工作があったということです。「オモロイ」ことに惹かれる大阪の人々の琴線に訴え、再生への幻想を抱かせるような仕掛けが随所に凝らされていたという点も見逃せません。

 さらに、既存の政党の対応の問題もありました。「橋下独裁」に真正面から対決しようとしたのは共産党だけしかなかったからです。
 共産党は市長選への推薦候補の立候補をとりやめ、予定していた中央委員会総会を延期するなど、「ハシズム」阻止のために力を尽くしました。しかし、民主党は藤村修官房長官、樽床伸二幹事長代行、平野博文国会対策委員長と大阪選出の政権幹部が3人もいるのに積極的に選挙に取り組まず、出身の地方議員が維新の会に流れた自民党は維新の会との激突を回避し、公明党は将来の連携を視野に入れていたほどです。
 TPPへの参加や消費税の増税を打ち出した民主党政権の姿勢も大きく影響したことでしょう。「新聞を広げたら増税、増税ばかり。大阪は大変なことになっている」と平野国対委員長がぼやいた通りになったからです。

 しかし、今回の選択は、大阪の再生をもたらすことができるでしょうか。それは恐らく無理でしょう。そもそも、維新の会の圧勝をもたらした閉塞感はこれまでの橋下府知事時代に深まったものなのですから……。
 本来、知事として責任を問われるべき自らの失政によって生じた不満を追い風にすることができたのは、橋下さんが知事から鞍替えして市長に立候補したからです。ここに、橋下さん独特の計算と狡知があります。
 市長になっても、市議会で維新の会は過半数に達せず、批判の強い教育基本条例案や職員基本条例案がスンナリ通るような状況ではありません。「ハシズム」と言われるような独裁的な手法がどこまで通用するかも不明です。

 最も可能性が高いのは、府知事から市長への転身のように、行き詰まる前に次のステップに進むことでしょう。橋下さん自身の国政への進出です。
 すでに、みんなの党からの働きかけもあるようですし、亀井新党の動きもあります。これらと連動しつつ、橋下さんが「台風の目」になるかもしれません。
 今後の政界再編、新党結成の動きに結びつくかが注目されます。とはいえ、それが政治の閉塞状況を打開する可能性はなく、混迷状況をなお一層深めることになるでしょう。

 いずれにせよ、暴走した後で「騙された」と言ってほぞをかむ――福島第1原発の過酷事故で見たような光景が、再び繰り返されることだけは御免こうむりたいものです。
------------------------

|

« 20111119(土)記 学校教育を知事及び議会の直接的な支配下に置こうとする 橋下維新の会 大阪府教育基本条例案 浅田次郎さん・杉良太郎さん・竹下景子さんら 学者文化人 立場超えて反対アピール | トップページ | 20111203(土)記 集票で勝っても 政治的には敗北 維新の会・橋下大阪市長 »