« 20111013(木)記 3党協議 密室談合 を 国民に押し付けるな 国会は国民のものだ!!  | トップページ | 20111015(土)記 やらせ 道の関与指摘 北海電第三者委 欺瞞で作られた原発「安全神話」 »

20111014(金)記 国民に「復興増税」を押し付けながら、血税を“蓄財”している政党の姿勢 思想・信条の自由を侵害 日本の政治は当たり前の民主政治を何故やれないのか? 一主権者としては巨大な疑問

「しんぶん赤旗」
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik11/2011-10-14/2011101401_03_1.html
庶民に増税 自分は“蓄財”? 政党助成金 ため込む各党 日本共産党は受け取らず
2011年10月14日(金)
は、

庶民に増税 自分は“蓄財”? 政党助成金 ため込む各党と下記のように(---内) 当たり前の民主政治のあり方を指摘しております。ジャーナリズムとしては当然の指摘だと思いました。
---------------------------
 国民の税金である政党助成金(年交付総額約320億円)を受け取っている民主、自民、公明など日本共産党以外の政党が、余っても国庫に返納せず「政党基金」としてため込んでいます。交付総額の8割に当たるため込みの年もあり、国民に「復興増税」を押し付けながら、血税を“蓄財”している政党の姿勢が問われています。

 政党助成金は毎年、総務省に受け取りの請求をした政党(2011年は民主、自民、公明、社民、みんな、国民新、新党日本、新党改革、たちあがれ日本の9党)に議員数や国政選挙での得票数に応じて交付されています。政党助成法では、その年に使わなかった政党助成金は国庫に返納するのが原則です。しかし、受け取り政党は「政党基金」とすれば翌年に積み立てることができるとした抜け道を利用してため込み、それを国政選挙がある年などに取り崩して支出してきました。

 助成制度の始まった1995年以降、毎年億単位のため込みが行われてきました。単年でのため込み総額の最多は99年の249億5721万円で、同年の政党助成金交付総額の79・5%に当たります。交付総額に対するため込み分の割合は、95~2010年の16年間の平均で38%です。

 政党助成金は、支持政党にかかわりなく国民の税金を各党に配分するもので、日本共産党は、憲法が保障する思想・信条の自由を侵すとして一貫して撤廃を主張し、受け取っていません。

 民主、自民、公明などは国民に所得税などの「復興増税」や消費税増税を押し付けるために「国会議員も身を切る」などといっていますが、政党助成金を返上しようとはしていません。
-----------------------------

|

« 20111013(木)記 3党協議 密室談合 を 国民に押し付けるな 国会は国民のものだ!!  | トップページ | 20111015(土)記 やらせ 道の関与指摘 北海電第三者委 欺瞞で作られた原発「安全神話」 »