« 20110928(水)記 諸行無常の仕組みは? | トップページ | 20111001(土)記 地上最悪の猛毒、プルトニウムを検出 福島第1原発から45キロ地点 »

20110930(金)記 「理解」を迫る相手は米国大統領だ!!

野田佳彦首相は26日の衆院予算委員会で、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の沖縄県名護市辺野古への移設時期について「いつまでにと明示するのは困難だ」と強調し、「誠心誠意、説明しながら、(沖縄県側の)理解をなるべく早い段階で得られるようにしたい」と述べた。

沖縄県民、国民の民意はキッパリと「辺野古への移設NO!」である。ならば、野田首相がその民意に応えるのが民主政治ではないのか? 

権力を背景に、執拗に、県民、国民に「理解」を迫るのは、あまりにも主権者を愚弄し、主権在民の民主政治を冒涜しているではないか。

正心誠意で、県民、国民の民意を「理解」させるべく迫るべき相手は米国大統領ではないか!!

|

« 20110928(水)記 諸行無常の仕組みは? | トップページ | 20111001(土)記 地上最悪の猛毒、プルトニウムを検出 福島第1原発から45キロ地点 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53299/52873190

この記事へのトラックバック一覧です: 20110930(金)記 「理解」を迫る相手は米国大統領だ!!:

» ケノーベルからリンクのご案内(2011/10/01 09:27) [ケノーベル エージェント]
宜野湾市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。 [続きを読む]

受信: 2011/10/01 09:27

« 20110928(水)記 諸行無常の仕組みは? | トップページ | 20111001(土)記 地上最悪の猛毒、プルトニウムを検出 福島第1原発から45キロ地点 »