« 20110906(火)記 現実の民主党野田政権の分析 blog「転成仁語」に教えられる  | トップページ | 20110908(木)記 秋の気配 »

20110907(水)記 野田首相 脱「脱官僚」をと 民主党は政治主導を捨てて また官僚に屈服する気か? くるくる変わる○○○

産経ニュース
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110907/plc11090710430004-n1.htm
野田首相、脱「脱官僚」 事務次官に連携訴え
2011.9.7 10:41
は、

下記のように(---内)官僚機構との関係を修復していくことを表明したと報じている。
--------------------------------
 野田佳彦首相は6日、新政権発足後初めて全府省の事務次官を首相官邸に集め、官僚機構との関係を修復していくことを表明した。鳩山由紀夫、菅直人の両政権が官僚を意思決定から排除したことで、政官の歯車がかみ合わず政権が混乱したことから、「脱官僚」路線からの軌道修正を明確に示した。

 首相は、訓示で「日本再生には各府省の全力を挙げてのサポートが必要だ。存分に力を発揮してほしい」と政官連携の必要性を訴えた。また、野田政権が直面している「危機」として、東日本大震災や福島第1原発事故の対応に加え、円高、デフレ対策などを列挙し、協力を求めた。

 その上で「結果は私たちが受け止める。選挙を意識してつらいことは先送りの傾向があったが、この政権はやるべきことはやる姿勢を貫徹したい」と述べた。

 鳩山政権は「政治主導」を大義名分に掲げ、事務次官会議を「官僚支配の象徴」として廃止した。菅政権は大震災後、府省庁の横断的な対応が必要だとして「各府省連絡会議」を設置した。首相の訓示に同席した藤村修官房長官は、連絡会議を継続させることを表明した。
-----------------------------------

|

« 20110906(火)記 現実の民主党野田政権の分析 blog「転成仁語」に教えられる  | トップページ | 20110908(木)記 秋の気配 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53299/52670491

この記事へのトラックバック一覧です: 20110907(水)記 野田首相 脱「脱官僚」をと 民主党は政治主導を捨てて また官僚に屈服する気か? くるくる変わる○○○:

« 20110906(火)記 現実の民主党野田政権の分析 blog「転成仁語」に教えられる  | トップページ | 20110908(木)記 秋の気配 »