« 20110609(木)記 菅首相が主権者国民に果たすべき責任  それは脱原発への転換 時は満ちた | トップページ | 20110610(金)記 JR運転士が居眠り 踏み切り(複数)も通過 乗客が撮影 モウケ優先の営業、合理化策に問題はないのか!!  »

20110610(金)記 2度目の核の惨事だ  我々日本人は原子力エネルギーを拒否すべきだった 村上春樹 

YOMIURI  ONLINE
http://www.yomiuri.co.jp/national/culture/news/20110610-OYT1T00385.htm?from=top
村上春樹さん「原子力、拒否すべきだった」
2011年6月10日12時57分 
は、

村上春樹さん「原子力、拒否すべきだった」との、村上春樹氏の指摘を報じている。
--------------------------------
 【パリ支局】スペイン通信などによると、スペイン北東部のカタルーニャ自治州政府は9日、作家の村上春樹さんに今年のカタルーニャ国際賞を授与した。

 村上さんはバルセロナでの受賞スピーチで、福島第一原発事故について「(日本では広島・長崎の原爆投下に続く)2度目の核の惨事だ」と指摘。「我々日本人は原子力エネルギーを拒否すべきだった。安易に効率を優先する考えに導かれるべきではなかった」と述べた。

 村上さんは、原発に反対する人々がこれまで「非現実的な夢想家」と呼ばれてきたとしたうえで、「今や原子炉が地獄の扉を開けた」と語った。さらに、「我々は広島の原爆死没者慰霊碑に刻まれた言葉『安らかに眠って下さい。過ちは繰返しませぬから』を、再び心に刻むべきだ」と訴えた。
---------------------------------

|

« 20110609(木)記 菅首相が主権者国民に果たすべき責任  それは脱原発への転換 時は満ちた | トップページ | 20110610(金)記 JR運転士が居眠り 踏み切り(複数)も通過 乗客が撮影 モウケ優先の営業、合理化策に問題はないのか!!  »