« 20110606(月)記 厄病神 米軍垂直離着陸輸送機MV22オスプレー(ヘリコプター)  いよいよ沖縄普天間に | トップページ | 20110609(木)記 菅首相が主権者国民に果たすべき責任  それは脱原発への転換 時は満ちた »

20110607(火)記 主権者である国民をコケにする大連立 国民を愚弄するな!!

今財界、自民党、民主党が合唱をはじめた(水面下、裏では極秘に両党の森喜朗氏、小沢一郎氏など自民党・民主党の政治ボス達によって画策が進められている、週刊ポスト)、福島原発危機、地震・津波震災対策という口実のもとでの大政翼賛的大連立に対して国民をコケにするな、愚弄するなとの声が強まって来ております。 

当然です。

理由:
1)民主党は一昨年の総選挙で「自公政権ノー」を掲げて、民意を付託されて政権につきました。

2)一方、自民党は今回民主党内閣不信任議を提出し、民意を背景にその不信任案が否決されたのです。

3)「その舌の根も乾かないうちに」今度はその両党が手を組んで大連立をするというのです。これは「国民不在の党利党略」以外の何物でもありません。全く主権者国民をコケにし、愚弄しております。

4)また、大連立でやろうとしている政治の中身が重大問題です。国難を理由に、血税のムダ遣いを温存したまま、「税と社会保障の一体改革」の名による消費税増税を進めようとしているのです。

主権者である国民が原発危機、地震・津波の被害で呻吟しているこの大変な時期に、それを逆手にとって大連立を組んで、財界の意向に沿って一挙にこの際、反国民の彼らの懸案を実現しようとしております。

これでは、国民は命が幾つ在っても足りません。

民主政治は国民が主権者です。主役です。国民のための政治でなければなりません。国の基本法である平和と民主主義を理念とする日本国憲法はこのことを明確にしております。

このような自民党・民主党の無法な国民に対する挑戦を許せるでしょうか!!

|

« 20110606(月)記 厄病神 米軍垂直離着陸輸送機MV22オスプレー(ヘリコプター)  いよいよ沖縄普天間に | トップページ | 20110609(木)記 菅首相が主権者国民に果たすべき責任  それは脱原発への転換 時は満ちた »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53299/51879797

この記事へのトラックバック一覧です: 20110607(火)記 主権者である国民をコケにする大連立 国民を愚弄するな!!:

« 20110606(月)記 厄病神 米軍垂直離着陸輸送機MV22オスプレー(ヘリコプター)  いよいよ沖縄普天間に | トップページ | 20110609(木)記 菅首相が主権者国民に果たすべき責任  それは脱原発への転換 時は満ちた »