« 20110603(金)記 相変わらず質が悪いなぁ 自民党、公明党、みんなの党の政治  内閣不信任で惨敗 | トップページ | 20110605(日)記 自然には花が在る »

20110604(土)記 1841年の今日、ジョン万次郎アメリカ船に救われる 

200pxnakahamajohnmanjiro ジョン万次郎 1880年頃

今日は、中浜万次郎(ジョン万次郎)[1827~1898]が、太平洋を漂流し、1841年アメリカ船に救われた記念すべき日であります。ジョン万次郎自身の歴史の中にタイムスリップしていろいろと考えさせられました。

ジョン万次郎:
文政10年(1827年)、土佐国中濱村(現在の高知県土佐清水市中浜)の半農半漁の家の次男に生まれた。万次郎が8歳の頃に亡くなった父や、病弱な母と兄に代わって幼い頃から働き、家族を養った。寺子屋に通う余裕が無かったため、読み書きも殆ど出来なかった。

天保12年(1841年)、手伝いで漁に出て嵐に遭い、漁師仲間4人と共に遭難、5日半の漂流後奇跡的に太平洋に浮かぶ無人島鳥島に漂着し143日間生活した。そこでアメリカの捕鯨船ジョン・ハウランド号に仲間と共に救助される。日本はその頃鎖国していたため、漂流者のうち年配の者達は寄港先のハワイで降ろされるが、船長のホイットフィールドに頭の良さを気に入られた万次郎は本人の希望からそのまま一緒に航海に出る。生まれて初めて世界地図を目にし、世界における日本の小ささに驚いた。この時、船名にちなみジョン・マン(John Mung)の愛称をアメリカ人からつけられた。

同年、アメリカ本土に渡った万次郎は、ホイットフィールド船長の養子となって一緒に暮らし、1843年(天保15年)にはオックスフォード学校、1844年(弘化元年)にはバーレット・アカデミーで英語・数学・測量・航海術・造船技術などを学ぶ。彼は寝る間を惜しんで熱心に勉強し、首席となった。民主主義や男女平等など、日本人には新鮮な概念に触れる一方、人種差別も経験した。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%B3%E4%B8%87%E6%AC%A1%E9%83%8E

|

« 20110603(金)記 相変わらず質が悪いなぁ 自民党、公明党、みんなの党の政治  内閣不信任で惨敗 | トップページ | 20110605(日)記 自然には花が在る »