« 20110529(日)記 日本弁護士連合会会長声明 ・・・原発停止を求める | トップページ | 20110531(火)記 「石油」つくる藻類、日本で有望株発見  エネルギーに新しい時代到来か?  »

20110530(月)記 「建設を中止するほうがよい」という人が48%  「建設を進めるほうがよい」25% 青森県内原発

asahi.com
http://www.asahi.com/national/update/0529/TKY201105290389.html?ref=goo
青森県内「原発建設中止を」48% 朝日新聞世論調査
2011年5月30日2時6分
は、

原子力発電の賛否など青森県民意識を、下記(---内)のように報じている。
-------------------------------
 朝日新聞社が28、29の両日実施した青森県民対象の世論調査(電話)によると、県内で建設中の原子力発電所2基について、「建設を中止するほうがよい」という人が48%を占め、「建設を進めるほうがよい」の25%を上回った。

 県内では下北半島で電源開発の大間原発と東京電力の東通原発1号機の計2基が着工しているが、東日本大震災をうけて工事は中断している。

 県内には東北電力東通原発1号機や核燃料サイクル施設がある。これに伴い「県民が受ける利益と不利益では、どちらが大きいか」と聞くと、「利益のほうが大きい」が43%で、「不利益」32%を上回った。施設が集中する下北半島を中心とする地域では、利益51%、不利益26%で利益のほうが大きいと感じている人が多い。
--------------------------------

下北半島の対岸に位置する、北海道函館市、北斗市の住民の考えはどうなんだろう?

決め手はやはり、「人命最優先」の原則か。 

福島県の教訓から言っても、「人命」と「安全神話」の両立は不可能であることが歴然とした。

|

« 20110529(日)記 日本弁護士連合会会長声明 ・・・原発停止を求める | トップページ | 20110531(火)記 「石油」つくる藻類、日本で有望株発見  エネルギーに新しい時代到来か?  »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53299/51809347

この記事へのトラックバック一覧です: 20110530(月)記 「建設を中止するほうがよい」という人が48%  「建設を進めるほうがよい」25% 青森県内原発 :

« 20110529(日)記 日本弁護士連合会会長声明 ・・・原発停止を求める | トップページ | 20110531(火)記 「石油」つくる藻類、日本で有望株発見  エネルギーに新しい時代到来か?  »