« 春すぎて | トップページ | 20110523(月)記 地動説と現代科学 »

20110522(日)記 刻一刻と世界は動く

昨日21日来日した中国の温家宝首相、韓国の李明博大統領はともに福島市内にある福島第1原発事故の避難所を訪れ、避難住民を励ました。
温家宝首相からお土産のパンダの縫いぐるみをもらって母親に抱かれながら喜んでいる子どもの笑顔が印象的だ。おなじく李明博大統領から韓国の子ども達がつくったというお土産の団扇をいただいて、大統領を扇いでいた日本の幼児の無邪気さが微笑みを誘った。
戦前戦中のあの朝鮮、中国は今自主独立し、自らの代表を日本に送り、日本国民との友好に努力している。

民主党の横粂勝仁衆院議員(29)=比例南関東ブロック=が20日に岡田克也幹事長と会い、離党届を提出していた。
横粂氏は文書の中で「党利党略、私利私欲の政治に耐えられず、政党政治、議院内閣制の限界も感じた」「新しい政治スタイルを創り出す使命を感じての決断」(asahi.com)と説明しているそうだが、若さとそのエネルギーで真の政党政治、議院内閣制をつくる気は無いのだろうか。それがなければ、新しい政治スタイルの中味とは?

|

« 春すぎて | トップページ | 20110523(月)記 地動説と現代科学 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53299/51738576

この記事へのトラックバック一覧です: 20110522(日)記 刻一刻と世界は動く:

» 美談の裏に何があるのか。中韓首脳が福島県入り [ニュースを読まねば]
マスコミが絶賛していると、返って眉間にしわが寄る習慣がついてしまった。今回マスコミが絶賛している美談が、中国の温家宝首相と韓国の李明博大統領による福島市の避難所訪問だ。このこと自体、私も直接は非難しない。何より、被災地の人々が勇気づけられたというのであれば、とても喜ばしいことだ。しかし、どうしても穿った見方をしてしまう。中韓の首脳が福島市の避難所入りしたのは21日の午後だった。避難所の前には、福島産のサクランボやミニトマトなどが置かれており、中韓首脳はこれらを笑顔で試食した。..... [続きを読む]

受信: 2011/05/22 22:15

« 春すぎて | トップページ | 20110523(月)記 地動説と現代科学 »