« 東日本大震災の余震や誘発地震も阪神大震災(M7・3)に匹敵するM6~7級が頻発している!! 過去の地震に学ぶ必要も | トップページ | 民主党政権は主権者国民を愚弄するのか 誰のために政治をやっているのか 電気料金引き上げで損害賠償支払い財源を確保だって!! »

原子力政策を 首相「白紙から再検討」  「命絶対最優先の原則」を忘れないでもらいたい

毎日jp
http://mainichi.jp/select/seiji/news/20110419k0000m010099000c.html
原子力政策:首相「白紙から再検討」…参院予算委
2011年4月18日 21時21分(最終更新 4月18日 21時35分)
は、

原子力政策を首相「白紙から再検討」との参院予算委での表明を、下記のように伝えている。
--------------------------------
  菅直人首相は18日の東日本大震災に関する参院予算委員会の集中審議で、福島第1原発事故を受けた今後の原子力政策について「一度白紙から検証して再検討する必要がある。安全性を確認することを抜きに、これまでの計画をそのまま進めていくことにはならない」と述べ、計画見直しを検討する考えを表明した。

 首相は原発事故の要因となった大津波について「予想なり予測なりの甘さがあり、一つの原因になった。政府が事前チェックできなかったことをおわびしたい」と陳謝した。

 原発事故で避難を余儀なくされた住民の帰宅については「(東京電力が事故収束への工程表で示した)6~9カ月たった時点で、できる限り多くの人が戻っていけるように努力するのが政府の役割だ」と述べ、帰宅実現に努力する姿勢を強調した。

 復興にめどが付いた時点で退陣すべきだとの指摘には「欲張りかもしれないが、復興・復旧と財政再建の道筋を作る、そういうことを含めてできるとすれば政治家としての本望だ」と述べ、早期退陣論を否定。さらに「(衆院任期までの間)与野党共同での形が取れたら歴史的な使命を果たしたことになる」と述べ、与野党の協力関係構築にも意欲をみせた。【高山祐】
-------------------------------

|

« 東日本大震災の余震や誘発地震も阪神大震災(M7・3)に匹敵するM6~7級が頻発している!! 過去の地震に学ぶ必要も | トップページ | 民主党政権は主権者国民を愚弄するのか 誰のために政治をやっているのか 電気料金引き上げで損害賠償支払い財源を確保だって!! »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53299/51437383

この記事へのトラックバック一覧です: 原子力政策を 首相「白紙から再検討」  「命絶対最優先の原則」を忘れないでもらいたい:

« 東日本大震災の余震や誘発地震も阪神大震災(M7・3)に匹敵するM6~7級が頻発している!! 過去の地震に学ぶ必要も | トップページ | 民主党政権は主権者国民を愚弄するのか 誰のために政治をやっているのか 電気料金引き上げで損害賠償支払い財源を確保だって!! »