« 東北地方太平洋沖地震 津波の瞬間 南相馬市 tsunami(tunami)【Japan】 YouTubeより | トップページ | 菅首相 原発増設計画を白紙見直す方針を表明 共産党志位委員長との会談で  »

1~4号機で熱交換冷却復旧へ 循環ポンプはめど立たず“半歩前進”  福島第1原発

産経ニュース
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110401/dst11040120550069-n1.htm
1~4号機で熱交換冷却復旧へ 循環ポンプはめど立たず“半歩前進” 
2011.4.1 20:52 (1/2ページ)
は、

1~4号機で熱交換冷却復旧へ、循環ポンプはめど立たず“半歩前進”と、下記のように伝えている。 
-----------------------------
 東京電力福島第1原子力発電所事故で、原子炉の冷却システムの復旧が徐々に進み始めた。原子炉を循環する水を外側から冷やす熱交換冷却装置に海水を送り込む仮設ポンプの設置が1日、1~4号機で完了。2日には1~3号機の原子炉に注水している仮設ポンプの電源を非常用から外部電源に切り替える。ただ、肝心の注入した水を循環させるシステムは、汚染水に阻まれ、復旧のめどは立っておらず、“半歩前進”が実情だ。

 原子炉を100度以下の「冷温停止」状態にするには、「残留熱除去システム」の復旧が不可欠。燃料棒の熱で高温になった水を海からくみ上げた海水で外部から冷やす仕組みで、熱を海に捨てる「巨大なラジエーター」だ。5、6号機では3月19日にシステムが復旧し、翌日には冷温停止となった。

 海岸近くにある1~4号機の海水くみ上げポンプは、「ほぼむき出しの状態」(東電)だったため、津波で使用不能になり、仮設ポンプに切り替える作業を進めてきた。放射線量が比較的低い建屋外だったことからいち早く完了した。

 また、原子炉への注水ポンプはこれまで非常用ディーゼル発電機で動かしてきたが、東北電力の送電線から敷設した外部電源に切り替える。この結果、燃料切れの心配がなくなり、安定的な注水に加え、作業員の被曝線量の抑制につながると期待される。
--------------------------------

|

« 東北地方太平洋沖地震 津波の瞬間 南相馬市 tsunami(tunami)【Japan】 YouTubeより | トップページ | 菅首相 原発増設計画を白紙見直す方針を表明 共産党志位委員長との会談で  »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53299/51274640

この記事へのトラックバック一覧です: 1~4号機で熱交換冷却復旧へ 循環ポンプはめど立たず“半歩前進”  福島第1原発:

« 東北地方太平洋沖地震 津波の瞬間 南相馬市 tsunami(tunami)【Japan】 YouTubeより | トップページ | 菅首相 原発増設計画を白紙見直す方針を表明 共産党志位委員長との会談で  »