« 今回の震災は容易に想定できた  設計段階で巨大津波を想定した対策を打つことができたはずだ  地震学を専門とする東京大教授の見解  | トップページ | 遂に人が住めない土地 故郷に帰れない土地 これでも原発を推進するのか 福島県から無くなって行く »

福島原発危機が無ければ死ななかった? 飯舘村の102歳男性自殺 計画避難持ち上がり  国家的原発詐欺、殺人もどきのつけではないか

毎日jp
http://mainichi.jp/select/weathernews/news/20110414ddm041040188000c.html
東日本大震災:福島第1原発事故 飯舘村の102歳男性自殺 計画避難持ち上がり
2011年4月14日
は、

福島第1原発事故、飯舘村の102歳男性自殺、計画避難持ち上がりというニュースを、下記のように伝えている。
-------------------------------
 東京電力福島第1原発事故で避難することになった福島県飯舘村の102歳の男性が同村内で自殺していたことが13日、地元関係者の話で分かった。

 関係者によると、死亡したのは12日。長男夫婦と3人で住んでおり、避難の話し合いをしていたさなかだった。自宅を離れることを苦にしたとみられるという。

 同村は放射線の数値が高く、政府が「計画的避難区域」に指定する方針の地域。【金寿英】
--------------------------------

|

« 今回の震災は容易に想定できた  設計段階で巨大津波を想定した対策を打つことができたはずだ  地震学を専門とする東京大教授の見解  | トップページ | 遂に人が住めない土地 故郷に帰れない土地 これでも原発を推進するのか 福島県から無くなって行く »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53299/51387307

この記事へのトラックバック一覧です: 福島原発危機が無ければ死ななかった? 飯舘村の102歳男性自殺 計画避難持ち上がり  国家的原発詐欺、殺人もどきのつけではないか:

« 今回の震災は容易に想定できた  設計段階で巨大津波を想定した対策を打つことができたはずだ  地震学を専門とする東京大教授の見解  | トップページ | 遂に人が住めない土地 故郷に帰れない土地 これでも原発を推進するのか 福島県から無くなって行く »