« 守った沖縄戦の真実  岩波・大江勝訴  教科書は沖縄戦の真実を伝えよ | トップページ | ドイツ脱原発へ政策転換  命優先の 民意に沿った政治決断  »

日独友好決議、自民が多数欠席 歴史認識、党内に溝 前近代の野合集団

asahi.com
http://www.asahi.com/politics/update/0422/TKY201104220547.html
日独友好決議、自民が多数欠席 歴史認識、党内に溝
2011年4月22日22時52分
は、

日独友好決議、自民が多数欠席 歴史認識、党内に溝と国会情報を、下記のように伝えている。
------------------------------    
 日独交流150周年にあたって友好関係を深めるため、22日の衆院本会議に民主党や自民党が提出した「日独友好決議」の採決で、自民党議員116人のうち安倍晋三、麻生太郎両元首相ら約30人が直前に退席し、10人近くが座ったままで反対するという異例の事態となった。

 問題になったのは「(日独)両国は、第1次世界大戦で敵対したものの、先の大戦においては、1940年に日独伊三国同盟を結び、同盟国となった。その後、各国と戦争状態に入り、多大な迷惑をかけるに至り、両国も多くの犠牲を払った」という部分。

 本会議直前の自民党代議士会で(1)事前に党の部会などで議論がなかった(2)事実の誤認がある、と執行部批判が噴出。下村博文氏は「ドイツは1939年のポーランド侵攻から(戦争が)始まっている」と採決での全員退席を求めた。

 石破茂政調会長が「党の手続きにのっとって私が賛成ということにした」と説明したが収まらず、石原伸晃幹事長は党議拘束を外すことを決定。この影響で本会議の開会が遅れ、菅首相を含む他党の議員は約15分間、本会議場で待機した。

 採決で反対した菅原一秀氏は「当時の状況があったとはいえ、『迷惑をかけた』では英霊が浮かばれない」。高市早苗氏も「交戦権や開戦権はすべての国家に認められた基本的な権利。自虐的国家観、歴史観だ」と反対理由を語った。

 採決で多数の退席者が出たことは、第2次世界大戦をめぐる自民党内の「歴史認識」に深い溝があることを印象づけた。

 決議は民主、公明両党や自民党の一部などの賛成多数で可決。共産、社民両党は「『侵略行為』という文言が削除された」などとして反対した。
-------------------------------

|

« 守った沖縄戦の真実  岩波・大江勝訴  教科書は沖縄戦の真実を伝えよ | トップページ | ドイツ脱原発へ政策転換  命優先の 民意に沿った政治決断  »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53299/51470304

この記事へのトラックバック一覧です: 日独友好決議、自民が多数欠席 歴史認識、党内に溝 前近代の野合集団:

« 守った沖縄戦の真実  岩波・大江勝訴  教科書は沖縄戦の真実を伝えよ | トップページ | ドイツ脱原発へ政策転換  命優先の 民意に沿った政治決断  »