« 汚染水、壁面の亀裂から海へ 流出場所を初確認 2号機  福島第1原発 | トップページ | 元原子力安全委員長など16名の原子力専門家の緊急提言  福島原発事故 »

不明の東電社員2人を遺体で発見  4号機タービン建屋地下

岩手日報
http://www.iwate-np.co.jp/newspack/cgi-bin/newspack_c.cgi?c_main+CO2011040301000248_3
不明の東電社員2人を遺体で発見  4号機タービン建屋地下
2011年04月03日
は、

「不明の東電社員2人を遺体で発見、 4号機タービン建屋地下」というニュースを、下記のように伝えている。
--------------------------------
 東京電力福島第1原発の4号機タービン建屋地下で先月30日、震災直後から行方不明になっていた社員2人が遺体で見つかったことが分かった。東電が3日、発表した。福島第1原発で東電社員の死亡が確認されたのは初めて。

 東電によると、死亡が確認されたのはいずれも第1運転管理部に所属する小久保和彦さん(24)と寺島祥希さん(21)。死因は多発性外傷による出血性ショック死で、津波直後の3月11日午後4時ごろに死亡したとみられる。

 2人は地震発生直後、4号機タービン建屋の調査に向かい、行方不明になった。3月30日に発見され、いったん第2原発に移して除染。4月2日に県内の遺体安置所に運ばれ、福島県警による検視が行われたという。

 各号機のタービン建屋は原子炉建屋に隣接しており、地下には大量の水がたまっている。2号機のたまり水からは、通常の原子炉にある水の数万倍に当たる濃度の放射性物質が検出されたが、東電は4号機の濃度は2号機よりは低いとみている。


 福島第1原発1―4号機の手前・海側にある長方形の建物がタービン建屋。その地下で東電の若手社員の遺体が発見された(3月16日、ロイター共同)
----------------------------------

|

« 汚染水、壁面の亀裂から海へ 流出場所を初確認 2号機  福島第1原発 | トップページ | 元原子力安全委員長など16名の原子力専門家の緊急提言  福島原発事故 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53299/51289943

この記事へのトラックバック一覧です: 不明の東電社員2人を遺体で発見  4号機タービン建屋地下:

« 汚染水、壁面の亀裂から海へ 流出場所を初確認 2号機  福島第1原発 | トップページ | 元原子力安全委員長など16名の原子力専門家の緊急提言  福島原発事故 »