« 原発は生まれも、育ちも人命軽視  作業員に「死」に至る道を歩ませるのか 被ばく基準増   | トップページ | 国は原発放射線蓄積の無い日本をつくるのか 原発放射線蓄積の日本をつくるのか »

地方議会の選挙にも小選挙区制  夥しい死票  多様な民意の無視  これが日本の現実

国政選挙だけでなく、地方選挙でも小選挙区があり、住民の多様な民意が反映しない遅れた選挙制度があることが分かりました。

活動期の大地震列島上の日本。その上に夥しい数の住民の命を脅かす原発。今度の福島原発危機だけによっても、日本国民の存立が危ぶまれております。それなのに、選挙においては民意がちゃんと反映しない仕組みになっております。

このまでは日本国民は主権者でありながらも、あまりにも無力な状況にあり、衰亡の道を辿っているのではないでしょうか?

上脇博之 ある憲法研究者の情報発信の場
http://blog.livedoor.jp/nihonkokukenpou/archives/51570041.html
過半数獲得の「大阪維新の会」は民主的な選挙制度なら半数に届かなかった!
2011年04月11日23:27
は、驚くべき現状を分析しております。

|

« 原発は生まれも、育ちも人命軽視  作業員に「死」に至る道を歩ませるのか 被ばく基準増   | トップページ | 国は原発放射線蓄積の無い日本をつくるのか 原発放射線蓄積の日本をつくるのか »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53299/51376391

この記事へのトラックバック一覧です: 地方議会の選挙にも小選挙区制  夥しい死票  多様な民意の無視  これが日本の現実:

« 原発は生まれも、育ちも人命軽視  作業員に「死」に至る道を歩ませるのか 被ばく基準増   | トップページ | 国は原発放射線蓄積の無い日本をつくるのか 原発放射線蓄積の日本をつくるのか »