« 茨城 海の幸も打撃 東電汚染水放出で | トップページ | 案ずるより産むが易し 復興財源 勤勉な日本国民は報われる道がある? »

福島第1原発は「スリーマイル島事故より深刻」 国連委

毎日jp
http://mainichi.jp/select/jiken/news/20110407k0000e030006000c.html
福島第1原発:「スリーマイル島事故より深刻」 国連委
2011年4月7日 10時02分
は、

福島第1原発、「スリーマイル島事故より深刻」との国連委の見解を、下記のように報じている。
-------------------------------
 【ウィーン樋口直樹】国連原子放射線影響科学委員会(UNSCEAR)のバイス議長は6日、ウィーンで記者会見し、福島第1原発事故の重大性について、旧ソ連チェルノブイリ事故(86年)と米スリーマイル島事故(79年)の中間との見解を示した。日本政府はスリーマイル島事故並みとの暫定評価を下している。国連機関からより厳しい見方が示されたことで、評価見直しの機運が高まる可能性もある。

 バイス氏は福島原発事故による環境への影響について「チェルノブイリ事故ほど劇的ではないが、スリーマイルよりも確実に深刻だ」と言明。「スリーマイルでは(放射性物質が)ほとんど封じ込められ、外部への影響はあまりなかったが、チェルノブイリでは我々の予想を超える膨大な影響があった。福島はその間のどこかだ」と理由を説明した。

 ただ、バイス氏は「(福島原発事故が)現在進行形の危機であり、中間のどこに位置するのかは分からない」とも話した。

 経済産業省原子力安全・保安院は先月18日、福島第1原発1~3号機の事故について、原子力施設事故の国際評価尺度(INES)で国内では最悪の「レベル5に相当する」との暫定評価を発表。炉心溶融を起こしたスリーマイル島事故並みとの認識を示していた。INESは0~7の8段階。史上最悪の原発事故と言われるチェルノブイリ事故はレベル7だった。

 一方、ウィーンの国際原子力機関(IAEA)本部では6日夜、原子力安全条約検討会合のグループ討議で、日本の担当者が条約の履行状況などを説明。グループ外の国を含む200人以上の専門家らが出席した。福島原発事故への緊急対応を説明する日本に対し、参加国からは低レベル放射能汚染水の海中放出を懸念する声なども上がったという。
---------------------------------

|

« 茨城 海の幸も打撃 東電汚染水放出で | トップページ | 案ずるより産むが易し 復興財源 勤勉な日本国民は報われる道がある? »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53299/51323982

この記事へのトラックバック一覧です: 福島第1原発は「スリーマイル島事故より深刻」 国連委:

« 茨城 海の幸も打撃 東電汚染水放出で | トップページ | 案ずるより産むが易し 復興財源 勤勉な日本国民は報われる道がある? »