« 日本原発事故史上最悪の「炉心溶融」が始まった  福島第1原発  人命最優先以外に人間を守ることは出来ない!! | トップページ | 東京電力と自民党、民主党  ズブズブの関係  カネ、労組  »

東電副社長はエネ庁幹部の指定席  財・官・政癒着が住民・国民の命を奪う

2011年4月10日(日)「しんぶん赤旗」
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik11/2011-04-10/2011041001_02_1.html
東電副社長はエネ庁幹部の指定席  塩川議員調べ 天下り禁止が必要
は、

東電副社長はエネ庁幹部の指定席、塩川議員が調べ、天下り禁止が必要というニュースを、下記のように伝えている。
--------------------------------
 東日本大震災にともなう東京電力福島第1原発の未曽有の事故で、原発の安全のための規制機関を原発推進の官庁から切り離すことの重要性が浮き彫りになっています。こうしたなか、日本共産党の塩川鉄也衆院議員の調べで、東電副社長が原発推進官庁である経済産業省(旧通商産業省)幹部の「天下り」指定席になっていることがわかりました。

 東電には、ことし1月1日付で、前資源エネルギー庁長官の石田徹氏が顧問として「天下り」したばかり。同氏の前に東電に天下りした旧通産省官僚は4人にのぼり、1962年からほぼ切れ目なく、東電に役員として在籍していたことになります。(表参照)

 1957年6月、通産事務次官を退官した石原武夫氏は、古河電工(取締役、常務)を経て、62年5月に東電取締役に就任し、常務、副社長、常任監査役を歴任しました。

 資源エネルギー庁長官、通産審議官などを務めた増田實氏は、東京銀行顧問を経て、80年11月に東電顧問に就任。常務、副社長を務めました。

 資源エネルギー庁次長、経企庁審議官などを務めた川崎弘氏は、日本輸出入銀行理事を経て、90年12月に東電顧問に就任。その後、常務、副社長となりました。

 同じく、資源エネルギー庁次長、通産省基礎産業局長、日本輸出入銀行理事などを歴任した白川進氏も、増田、川崎両氏と同様、99年10月、顧問として入社後、副社長まで務めました。

 天下りは、2007年の国家公務員法改悪までは、「原則禁止」でしたが、禁止期間は2年間だけ。石田氏以前の天下り官僚が、いずれも退官後、銀行顧問など他の企業ですごした後に天下りしているように「抜け道」がありました。

 国公法改悪で、「原則禁止」から「あっせん禁止」となりました。昨年8月に経産省を退職した石田氏は、わずか4カ月後の東電顧問就任。民主党・菅直人内閣は、官庁側の「あっせん」がなかったから「天下り」に該当しないといいますが、天下りそのものです。

 塩川議員は、「『指定席』ともいえる経産省と電力会社との癒着が、今回の福島原発事故の背景にあったことは明らか。今回の事故を踏まえれば、『あっせん』があったかどうかではなく、高級官僚が所管企業に再就職すること自体が天下りであり、明確に禁止するべきです」と話しています。
-----------------------------------

|

« 日本原発事故史上最悪の「炉心溶融」が始まった  福島第1原発  人命最優先以外に人間を守ることは出来ない!! | トップページ | 東京電力と自民党、民主党  ズブズブの関係  カネ、労組  »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53299/51348867

この記事へのトラックバック一覧です: 東電副社長はエネ庁幹部の指定席  財・官・政癒着が住民・国民の命を奪う:

» 厳しき建設業界のサラリーマン [脳挫傷による見えない障害と闘いながら・・・]
政・財の癒着、官の天下り、暴力団も関わる日本の構造的問題は、建設業界では昔からのしきたりらしいと聞いているが悪。建設業界のゼネコンが仕事を受注するのに、政治家連中と裏でつるんでる会社になんて居たくはない。建設業界の私も他のサラリーマンも不況の中、困る。やはり民主党には無理だったのだ。... [続きを読む]

受信: 2011/12/01 16:16

« 日本原発事故史上最悪の「炉心溶融」が始まった  福島第1原発  人命最優先以外に人間を守ることは出来ない!! | トップページ | 東京電力と自民党、民主党  ズブズブの関係  カネ、労組  »