« 牛3千頭・豚3万匹、原発20キロ圏で餓死か 福島第1原発危機 | トップページ | これで本物の民主政治に向かうか さすが、ジャーナリズムからの「政党交付金ガマンせよ!」発言  真の政党政治、民主政治の実現を目指す主権者としては「政党交付金の廃止」は当たり前だ。  »

知らぬは住民、国民のみ 原発電力会社と政治家・政党の関係

2011年4月20日(水)「しんぶん赤旗」
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik11/2011-04-20/2011042014_01_1.html
東京・台東の自公民区議  東電、原発に無料招待  交通費・昼食代丸抱え  翌年の議会で“推進”質問も
は、

東京・台東の自公民区議が東電、原発に無料招待されていたことを、下記のように報じております。  
--------------------------------
 東京都台東区議会の自民、公明、民主など与党区議25人が2008年10月30日、新潟県の東電柏崎刈羽原子力発電所に東京電力から無料招待されていたことが分かりました。東電は区議らの新幹線代や昼食代など少なくとも計50万円を負担。招待後に原発推進を議会で訴えた議員もいます。
・・・(以下略)
---------------------------------

|

« 牛3千頭・豚3万匹、原発20キロ圏で餓死か 福島第1原発危機 | トップページ | これで本物の民主政治に向かうか さすが、ジャーナリズムからの「政党交付金ガマンせよ!」発言  真の政党政治、民主政治の実現を目指す主権者としては「政党交付金の廃止」は当たり前だ。  »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53299/51445421

この記事へのトラックバック一覧です: 知らぬは住民、国民のみ 原発電力会社と政治家・政党の関係:

« 牛3千頭・豚3万匹、原発20キロ圏で餓死か 福島第1原発危機 | トップページ | これで本物の民主政治に向かうか さすが、ジャーナリズムからの「政党交付金ガマンせよ!」発言  真の政党政治、民主政治の実現を目指す主権者としては「政党交付金の廃止」は当たり前だ。  »