« 福島1号機  格納容器に大量の水  圧力容器、水漬け状態に  余震に耐えられるのか? | トップページ | 選挙でダマされ  政治でダマされ  貧困に落とされ、命まで危なくなり 這い上がって真の主権者になる? »

放射線は続く  どこまでも  予断を許さない状況!!  何故こんな物を作った  大地震列島上に!!

どうしんウェブ北海道新聞
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/dogai/288119.html
福島第1放射線汚染マップ判明 大量被ばくの恐れ続く
(04/23 20:26、04/24 09:00 更新)
は、

福島第1放射線汚染マップが判明、大量被ばくの恐れが続くと、下記のように報じている。
--------------------------------
3月17日に撮影された東京電力福島第1原発の衛星写真(デジタルグローブ・ISIS提供・共同)
 福島第1原発事故で、東京電力が建屋周辺約150カ所の放射線量を計測した結果として作業員に情報提供している「汚染マップ(サーベイマップ)」の詳細が23日、判明した。第1原発敷地内の詳しい線量が分かったのは初めて。

 20日夜までのデータを記載したマップによると、3号機原子炉建屋付近に毎時900ミリシーベルトという極めて高い放射線量のがれきがあるなど、高濃度の放射性物質を含む水の移送配管や敷地内に残るがれきからは依然として、各所で100ミリシーベルト前後の線量が観測されていることがうかがえる。東電が事故の収束に向けて明らかにした工程表への影響はないとみられる。

 マップは作業員を大量被ばくの危険から守るため、東電が定期的に更新している。経済産業省原子力安全・保安院など関係機関に提出されているほか、事故対応拠点となっているJヴィレッジ(福島県広野町など)で掲示されている。

 900ミリシーベルトの線量が観測されたのは3号機西側の消火系配管付近にあったコンクリート片。東電は23日、このがれきを20日に発見、翌日に撤去したと発表。その際、作業員が3・17ミリシーベルトの被ばくをした。

 3号機脇には300ミリシーベルトのがれきもあった。2号機のタービン建屋や立て坑にたまった高濃度の放射性物質を含む水の移送配管表面は75~86ミリシーベルト。この汚染水が送り込まれる集中廃棄物処理施設の配管では160ミリシーベルトにもなっていた。

 線量計測が行われているのは1~4号機周辺。4号機付近は1~3号機に比べてやや低く、0・4~1・1ミリシーベルトだった。また敷地東側の海に近い取水設備付近でも15ミリシーベルトに達していた。

 がれきは水素爆発で吹き飛んだ原子炉建屋の壁や設備など。計測は1週間に5日程度実施され、朝から夜にかけて3~5回、それぞれ10分ほどで数カ所の地表と空間線量を測っている。

 がれきの撤去は、環境への放射性物質飛散の恐れや、深刻な被ばくの危険性がある。東電は遠隔操作の重機を使って撤去作業を進めているが、完了までに半年程度かかる見込みで、当面は高線量の場所を避けながらの復旧作業が続く。
---------------------------------

|

« 福島1号機  格納容器に大量の水  圧力容器、水漬け状態に  余震に耐えられるのか? | トップページ | 選挙でダマされ  政治でダマされ  貧困に落とされ、命まで危なくなり 這い上がって真の主権者になる? »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53299/51481302

この記事へのトラックバック一覧です: 放射線は続く  どこまでも  予断を許さない状況!!  何故こんな物を作った  大地震列島上に!!:

« 福島1号機  格納容器に大量の水  圧力容器、水漬け状態に  余震に耐えられるのか? | トップページ | 選挙でダマされ  政治でダマされ  貧困に落とされ、命まで危なくなり 這い上がって真の主権者になる? »