« 全国で第2、第3の福島原発危機は生じないのか | トップページ | 温故知新 日本原発誕生を探る 原発の現状を掴み 未来を展望するために »

IAEA、原発から20キロで通常時の1600倍放射線を測定

産経ニュース
http://sankei.jp.msn.com/world/news/110322/erp11032211010009-n1.htm
IAEA、原発から20キロで通常時の1600倍放射線を測定「状況見守る」
2011.3.22 10:59
は、

下記のように、福島第1原発から約20キロで通常時の1600倍放射線を測定したことを報じている。
--------------------------------
 国際原子力機関(IAEA)は21日、IAEAの放射線測定チームが福島第1原発の周辺地域の土壌と大気から測定した放射線量を発表、原発から約20キロ離れた福島県浪江町付近で通常の約1600倍に相当する毎時161マイクロシーベルトの放射線量を測定したと明らかにした。

 文部科学省の調査では浪江町で15日、330マイクロシーベルトが測定されている。IAEAは「高い数値が測定された。状況を見守っていきたい」としている。

 IAEAのチームは20日、原発から16~58キロ離れた10以上の地点で土壌と大気の双方を測定。測定値には土壌と大気双方のデータを盛り込んだとしている。IAEAによると、原発の50~70キロ圏の土壌からも通常より高い放射線量が測定されたという。IAEAは0・1マイクロシーベルトを通常値としている。(共同)
---------------------------------

|

« 全国で第2、第3の福島原発危機は生じないのか | トップページ | 温故知新 日本原発誕生を探る 原発の現状を掴み 未来を展望するために »