« 福島原発1、3号機に真水注入 原子炉損傷の可能性 | トップページ | 1号機地下の放射能汚染、作業員に事前周知せず »

恐れず、侮らず、冷静に。福島原発危機。「大局的に捉える」ことを教えられたブログがありました。

それは下記のブログです。

ブログ「転成仁語」
http://igajin.blog.so-net.ne.jp/2011-03-26
3月26日(土) 拡大し続ける原発被害 [災害] [編集]
-------------------------------
 福島第1原子力発電所による被害が拡大し続けています。大地震や津波は天災ですからその発生は避けられませんが、原発による被害は人災ですから避けられたはずのものです。

 福島第1原子力発電所は東京電力の要請によって政府が認め、地元が受け入れました。建設を許可せず、地元が反対していれば、原発はそこに存在せず、今回のような被害が発生しようがありません。
 原発が建設されてからでも、共産党の吉井議員の国会での質問や福島県議団の申し入れなど、その危険性や災害対策の不備などについては、数々の指摘がありました。もし、東電が、コストを優先せず、これらの指摘を無視することなくきちんとした対策を取ってきたなら、このような事故は起きなかったかもしれません。
 事故が発生した後の対応にも問題がありました。もし、事態を軽視せず、早くから適切な対応を取っていれば、事態はこれほど深刻にならず、被害がこのように拡大することがなかったかもしれません。
(skip)

http://igajin.blog.so-net.ne.jp/2011-03-26
--------------------------------

|

« 福島原発1、3号機に真水注入 原子炉損傷の可能性 | トップページ | 1号機地下の放射能汚染、作業員に事前周知せず »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53299/51223211

この記事へのトラックバック一覧です: 恐れず、侮らず、冷静に。福島原発危機。「大局的に捉える」ことを教えられたブログがありました。:

« 福島原発1、3号機に真水注入 原子炉損傷の可能性 | トップページ | 1号機地下の放射能汚染、作業員に事前周知せず »