« 西岡参院議長は「統一地方選挙は全国一律延期すべきだ」と政府案に反対 確かに、形骸化した選挙は意味が無い 真の民主主義を | トップページ | 「原発の最悪事態も想定し万全の対応を」  日本経済新聞 »

とにかく一刻も早く「核」を冷やせ 惨事を防げ 警視庁機動隊員の勇敢な放水作戦

産経ニュース
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110317/dst11031711380034-n1.htm
「「決死隊だ」 放水作戦敢行の警視庁機動隊員ら原発へ」
2011.3.17 11:37
は、

警視庁機動隊員の勇敢な放水作戦への取り組みを、下記のように、報じている。
--------------------------------
 警視庁の幹部は「まさに決死隊だ」と声を振り絞った。17日に開始された福島第1原発への放水作戦。前日には放射線量が高いことを理由に、自衛隊がヘリコプターからの3号機への注水を断念したほど。建屋の穴から使用済み核燃料貯蔵プールに注水はできるのか。全国民が固唾をのんで見守った。

 「操縦は警察官にお願いできないか」。16日、東電側からの依頼に警察庁と警視庁の幹部に緊張が走った。当初は高圧放水車を東電側に提供するだけだったが、東電の社員では操縦は難しいという理由だった。

 原発の事態が緊迫化するなか、警視庁は急遽(きゅうきょ)、扱いに慣れた機動隊員を中心に十数人の部隊を編成し、福島に派遣した。ただ、作戦実行に向けて最も高い壁は隊員の安全確保。建屋からわずか50メートルと、ヘリよりも近づかなければならないのに安全は保てるのか。警察当局は「自衛隊でも東京電力でもどちらでもいい。とにかく一番いい防護服を」と要請したという。

 高圧放水車が1回にできる放水はわずか2分。放水と注水を繰り返す作業に無駄は許されない。東電の社員を交えた計画が綿密に立てられた。高圧放水車は東電側が事前に第1原発に運び込まれ、隊員らは20キロ圏外で待機し、出動の機会をうかがった。

 一方、東京・霞が関の警察庁では17日早朝から幹部らが登庁。警視庁でも警備部の幹部らが現場からの報告を待った。午前10時半前、自衛隊ヘリからの4回の海水投下作戦が終わった直後、機動隊員らが原発に向けて出発した。
----------------------------------

「核」という凶暴な怪物を扱うには、万事「想定外」のことが起きるということを安全の範疇に入れなければならないのではないか。惨事が起きてから、「想定外」だったとの無責任な発言、態度は許せない。

|

« 西岡参院議長は「統一地方選挙は全国一律延期すべきだ」と政府案に反対 確かに、形骸化した選挙は意味が無い 真の民主主義を | トップページ | 「原発の最悪事態も想定し万全の対応を」  日本経済新聞 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53299/51144466

この記事へのトラックバック一覧です: とにかく一刻も早く「核」を冷やせ 惨事を防げ 警視庁機動隊員の勇敢な放水作戦:

« 西岡参院議長は「統一地方選挙は全国一律延期すべきだ」と政府案に反対 確かに、形骸化した選挙は意味が無い 真の民主主義を | トップページ | 「原発の最悪事態も想定し万全の対応を」  日本経済新聞 »