« 福島原発、2号機の通電作業進む 海水汚染の広がり確認 | トップページ | 3号機制御室で照明点灯 福島第1原発、全6基へ電源 »

1、4号機も通電可能に 2号機は原子炉給水ポンプ復旧へ

産経ニュース
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110322/dst11032221010053-n1.htm
1、4号機も通電可能に 2号機は原子炉給水ポンプ復旧へ
2011.3.22 21:00
は、

1、4号機も通電可能に、2号機は原子炉給水ポンプ復旧へという明るいニュースを、下記のように伝えた。
-------------------------------
 東日本大震災で深刻な被害を受けた東京電力福島第1原子力発電所で22日、3号機の建屋から21日に黒煙が上がり中断した外部電源の復旧作業が再開され、1、2、4号機は設備や機器に通電できる状態になった。3号機も復旧見込みで、安定状態の「冷温停止」となった5、6号機を含め同原発すべてで電気が回復するめどがついた。原子炉をコントロールする中央制御室の復旧を急ぐほか、2、4号機では原子炉や使用済み核燃料貯蔵プールに給水するポンプの復旧作業も進めた。4号機については50メートルのアームを装備した特殊車両で燃料貯蔵プールへの放水を始めた。

 22日には2号機からも白煙が上がった。北沢俊美防衛相は「2号機からの煙は放水などによる水蒸気、3号機の煙は温度上昇に伴い油か、何かの残骸が燃えたのではないか」とした。

 電源復旧では、外部から接続したケーブルで受電設備まで通電した2号機から、系統が同じ1号機への接続が完了。4号機にも外部ケーブルから通電し系統が同じ3号機への接続を進めている。漏電や回路がショートする恐れがないか配線や機器をチェックし、22日中に3、4号機の制御室に通電できる見込み。1、2号機の制御室は23日以降にずれ込む見通し。

 また、2、4号機では、原子炉や燃料貯蔵プールに給水するポンプを電源で再稼働させる作業も同時並行で進めた。2号機はポンプの交換が必要なことが、判明し、4号機は使用できる状態にあり、22日中に再稼働の可能性がある。原子炉には消防ポンプによる海水注入を、プールには放水を続けており、ポンプが復旧すれば、原子炉の冷却が大きく前進する。

 また、天井が残り放水が難しい4号機には長さ50メートル超のアームを装備した生コン圧送機で放水した。三重県の建設会社などから3台が到着し、近くもう1台も配備でき、1~4号機に放水できるようにする。
-------------------------------

|

« 福島原発、2号機の通電作業進む 海水汚染の広がり確認 | トップページ | 3号機制御室で照明点灯 福島第1原発、全6基へ電源 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53299/51190919

この記事へのトラックバック一覧です: 1、4号機も通電可能に 2号機は原子炉給水ポンプ復旧へ:

« 福島原発、2号機の通電作業進む 海水汚染の広がり確認 | トップページ | 3号機制御室で照明点灯 福島第1原発、全6基へ電源 »