« 3号機も放射性物質が大量漏出の恐れ 「原子炉損傷の可能性も」保安院 | トップページ | 電気事業法では、国が大口の需要者の受電を制限する「総量規制」が可能 計画停電 »

西岡参院議長が東電社長に不快感 「姿見せず非常に不可思議」

産経ニュース
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110324/plc11032422110024-n1.htm
西岡参院議長が東電社長に不快感 「姿見せず非常に不可思議」
2011.3.24 22:08
は、

西岡参院議長が東電社長に不快感を示したことを、下記のように伝えた。
---------------------------------
 西岡武夫参院議長は24日の記者会見で、東京電力の清水正孝社長が福島第1原子力発電所での放射能(放射性物質)漏れ事故の発生以来、公の場にほとんど姿を見せていないことについて、「極めておかしいというより、けしからんことだと思う」と述べ、強い不快感を示した。

 参院は同日昼、国会内で常任委員長懇談会を開き、経済産業省原子力安全・保安院の寺坂信昭院長らから事故に関する説明を受けた。西岡氏は清水社長にも出席を要請したが、東電側は「多忙」を理由に断ったという。

 西岡氏はこれについても「納得ができない。事故以来、東京電力の責任者がこの問題について何のお話もないというのは、非常に不可思議というか、どう考えても分からない」と語った。
-----------------------------------

|

« 3号機も放射性物質が大量漏出の恐れ 「原子炉損傷の可能性も」保安院 | トップページ | 電気事業法では、国が大口の需要者の受電を制限する「総量規制」が可能 計画停電 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53299/51212631

この記事へのトラックバック一覧です: 西岡参院議長が東電社長に不快感 「姿見せず非常に不可思議」:

« 3号機も放射性物質が大量漏出の恐れ 「原子炉損傷の可能性も」保安院 | トップページ | 電気事業法では、国が大口の需要者の受電を制限する「総量規制」が可能 計画停電 »