« 福島第1原発  3号機で黒煙が | トップページ | 全国で第2、第3の福島原発危機は生じないのか »

海水にも高濃度の放射性物質が検出 福島原発周辺での海水調査始まる

産経ニュース
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110322/dst11032208450017-n1.htm
福島原発の周辺4カ所で海水調査 高濃度の放射性物質検出受け
2011.3.22 08:44
は、

下記のように、原発排水口近くの海水から法定の濃度限度を上回る放射性物質が検出されたのを受け、東京電力は22日、同じ場所や第2原発周辺など、南北約10キロの4カ所で海水の調査を始めたことを報じている。
--------------------------------
 東日本大震災による福島第1原発の事故で、原発排水口近くの海水から法定の濃度限度を上回る放射性物質が検出されたのを受け、東京電力は22日、同じ場所や第2原発周辺など、南北約10キロの4カ所で海水の調査を始めた。

 濃度限度は、仮に海水を毎日飲んだ場合、1年間で被ばく線量限度の1ミリシーベルトに達する値。21日に0・5リットルの海水を採取し、含まれる放射性物質の量を分析。ヨウ素131(限度の126・7倍)やセシウム134(24・8倍)、セシウム137(16・5倍)に加え、微量のコバルト58も検出した。

 東電は福島県と経済産業省原子力安全・保安院に21日に連絡。原発事故に伴う放射性物質による汚染は、大気から陸、海にまで広がった。
---------------------------------

|

« 福島第1原発  3号機で黒煙が | トップページ | 全国で第2、第3の福島原発危機は生じないのか »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53299/51186713

この記事へのトラックバック一覧です: 海水にも高濃度の放射性物質が検出 福島原発周辺での海水調査始まる:

« 福島第1原発  3号機で黒煙が | トップページ | 全国で第2、第3の福島原発危機は生じないのか »