« 住民、国民の命は絶対だ。健康にして文化的な生活、生存権の重さを再認識する!! 原発危機。 | トップページ | EU、全原発検査へ 域内14カ国143基 不合格は廃炉も »

東電、放射性物質「通常の1000万倍」 福島2号機の水

産経ニュース
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110327/dst11032713170035-n1.htm
東電、放射性物質「通常の1000万倍」 福島2号機の水
2011.3.27 13:17
は、

福島2号機の水、放射性物質「通常の1000万倍」であることを、下記のように報じております。
--------------------------------
 東京電力は27日、福島第1原子力発電所2号機のタービン建屋地下の水たまりで26日に採取した水の放射性物質の濃度は、通常に運転している原子炉内の水の約1000万倍にあたると発表した。

 東電によると、水たまりで測定した放射線量は毎時1000ミリシーベルト以上に達していた。測定者は大量の被曝を避けるため、途中で作業をやめ、退避した。今回の数値は事故後、測定された放射線量としては最大という。
----------------------------------

|

« 住民、国民の命は絶対だ。健康にして文化的な生活、生存権の重さを再認識する!! 原発危機。 | トップページ | EU、全原発検査へ 域内14カ国143基 不合格は廃炉も »