« 財政が「大変」なら 米軍「思いやり」予算、大企業・大資産家2兆円減税を削れ!! 【国民本位】の財政を実現せよ。 それなくして、「国民の暮らし第一」を実現することは絶対不可能だ。 | トップページ | 遂にドロ舟から脱出するが如く 民主党議員が党から脱出を始めた »

13年連続の3万人超 自殺者数 「就職失敗」2割増 大学生は倍増46人

警察庁は3日、2010年の自殺統計を公表した。自殺者総数(確定値)は、前年より3・5%減少の3万1690人で13年連続の3万人超え。「就職失敗」が原因・動機の一つと判断された人が、前年より2割多い424人に上り、うち大学生は46人で前年の2倍になった。「超氷河期」と言われる厳しい就職環境を反映したとみられる。一方、「負債」は改正貸金業法の完全施行を背景に減少した。

 警察官の聞き取りなどによって、原因・動機を、家庭問題▽健康問題▽経済・生活問題▽勤務問題▽男女問題▽学校問題▽その他--の七つに区分。さらに52項目に分け、推定される項目を三つまで選択し集計している。

 「経済・生活問題」のうち、「就職失敗」を原因に含むとされた自殺者は、07年180人、08年253人、09年354人と増加傾向が続き、10年は70人(19・8%)増となった。

 このうち大学生は、07年13人、08年22人、09年23人だった。高校生や専修学校生も含めると10年は53人となった。これら就職失敗に絡む自殺者は、年代別では20代が最も多く153人で、未成年者は6人だった。

これまでの政権党の為政の責任は重大なものがある。

|

« 財政が「大変」なら 米軍「思いやり」予算、大企業・大資産家2兆円減税を削れ!! 【国民本位】の財政を実現せよ。 それなくして、「国民の暮らし第一」を実現することは絶対不可能だ。 | トップページ | 遂にドロ舟から脱出するが如く 民主党議員が党から脱出を始めた »