« やよい 三月 春の息吹 | トップページ | 「閉塞した今の政治」 打開の即効薬 これしか無い 限度なき政治の根腐れは全摘あるのみ »

米軍「思いやり予算」関連 34年間の累積が17兆3000億円!! 衆院予算委で問題化

「思いやり」予算を含めた在日米軍駐留関連経費全体は、「思いやり予算」が始まった1978年が1735億円だったのが、「思いやり予算」特別協定が始まった87年には3401億円となり、2009年には6956億円にまで膨れ上がっています。

こうした事実を衆院予算委員会で告発した日本共産党の笠井亮議員は、78年比では約4倍にもなり、11年度分を含めた34年間の累積が17兆3000億円にのぼっていることを示しました。

財政が「大変」といいながら、菅民主党政権が、主権者国民への「思いやり」に比して、こんなにも米軍には「思いやり」があると知って、腰を抜かすほどびっくりしました。 しかも、つい最近元総理鳩山氏の「抑止力は方便」発言があったばかりです。

このような底無しの桶に水をつぎ込むような無駄なマネは止めてもらいたいものです。つぎ込むのは水ではなく血税なのですから。

笠井氏は「『思いやり』予算を含め米軍支援費を全額削除すべきだ」とキッパリと主張しておりました。 

まさにこれは、主権者国民の声であることを菅総理は銘記すべきです。

|

« やよい 三月 春の息吹 | トップページ | 「閉塞した今の政治」 打開の即効薬 これしか無い 限度なき政治の根腐れは全摘あるのみ »