« 4度も「核」の被害を受けた日本国民 | トップページ | 福島第1原発事故 10キロ圏、遺体運べず 体表の放射線強く »

東電「決死隊」1日2食の劣悪環境 一時は水も1・5リットルのみ

産経ニュース
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110328/dst11032814430035-n1.htm
東電「決死隊」1日2食の劣悪環境 一時は水も1・5リットルのみ
2011.3.28 14:39 (1/2ページ)
は、

東電「決死隊」1日2食の劣悪環境について、下記のように伝えている。
---------------------------------
 東京電力福島第1原発事故の収束に向けて、放射線量の高い現場で命がけの作業を続けている同社と協力会社の社員が、1日に「非常食2食」しか摂取できないという劣悪な環境に置かれていることが28日、分かった。原子力安全・保安院の横田一磨統括原子力保安検査官が福島県災害対策本部で会見し、明らかにした。

 横田氏は作業状況などの確認のため、22~26日に福島第1原発を視察。現場では新たな水、食糧などが入手困難な状況で、一時は1日あたり1人に提供される水の量は「1・5リットル入りペットボトル1本」だったという。

 水に関しては、その後改善されたが、食事は朝、夜の1日2食で、朝食は非常用ビスケットと小さなパック入り野菜ジュース1本、夕食は「マジックライス」と呼ばれる温かい非常用ご飯1パックと、サバや鶏肉などの缶詰1つだけだという。

 マジックライスは「ワカメ」「ゴボウ」「キノコ」「ドライカレー」の4種類から選べるという。

 こうした待遇は、東電社員と協力会社社員とも一緒で、東電幹部も同じものを食べているという。

 横田氏は「協力したいが基本的には事業者(東電)の問題。大変厳しい環境で作業に必要なエネルギーを得られていないと思う」と話した。
-----------------------------------

|

« 4度も「核」の被害を受けた日本国民 | トップページ | 福島第1原発事故 10キロ圏、遺体運べず 体表の放射線強く »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53299/51240821

この記事へのトラックバック一覧です: 東電「決死隊」1日2食の劣悪環境 一時は水も1・5リットルのみ:

» 東京電力は殺人電力だ!二次災害から四次災害まで勃発中の日本。 [脳挫傷による見えない障害と闘いながら・・・]
東日本大震災での二次被害の津波の大きさを東京電力は想定外の津波にした件で三次被害 [続きを読む]

受信: 2011/03/31 14:18

« 4度も「核」の被害を受けた日本国民 | トップページ | 福島第1原発事故 10キロ圏、遺体運べず 体表の放射線強く »