« 地方住民も自民・民主の政治に「NO!」 | トップページ | いつの間にか 春が »

米軍嘉手納基地騒音で住民2万人提訴へ 過去最多

極東最大の米空軍嘉手納基地(沖縄県嘉手納町など)の周辺に住む住民2万2063人が3月28日に、日米両政府に対し、早朝や夜間の飛行差し止めを求める第3次訴訟を那覇地裁沖縄支部に起こします。日本政府には騒音被害への損害賠償も求めます。基地被害を巡る全国の訴訟では、第4次厚木基地騒音訴訟の約7000人を超えて過去最多となり、賠償請求額は数百億円になる見通しです。

平安、安全を求めて、座死することなく、自らの問題として取り組む沖縄の皆さんに教えられます。

政治は政治家、政党から「施される」ものではなく、根底から働きかけることによって生きてくるのだとの手応えを感じます。

|

« 地方住民も自民・民主の政治に「NO!」 | トップページ | いつの間にか 春が »