« 「賃金を上げて」、「景気を良くし」、「国民生活を良くする」客観的条件  富は日本に在るのだ!! | トップページ | 富を生み出し、幸福を生み出すのは人間の労働ではないでしょうか? それなのに!! »

日航(JAL)のパイロットや客室乗務員 東京地裁に集団提訴 解雇撤回を求める 「人員削減の必要はない」 

解雇無効を求め、東京地裁に集団提訴した日航のパイロットや客室乗務員らが19日、東京都内で記者会見し「人員削減の必要性は全くない」「早く復帰し、会社の再生に協力したい」と解雇撤回を強く求めました。

会見には原告146人のうち、100人以上が参加。19年間機長を務めてきたパイロットの原告団長山口宏弥さん(58)は「会社はコストだけでわれわれを見ていて、技術や経験に注目していない」と批判。「安全を取るのか、利益を取るかが問われている」と訴えました。

客室乗務員の原告団長内田妙子さん(57)は「1年前、会社は整理解雇は考えていないと言っていたのに、165人も解雇した」と厳しい表情を見せました。

安易な合理化は労働条件を悪化させ、空の安全を脅かし、利用者に甚大な被害を与えます。また、安易な合理化は労働条件を悪化させ、日本の労働者、国民の生活を益々悪化させる原動力になります。

国民、他の労働者の先頭に立って、人間の安全と生活、尊厳をかけてたたかっている日本航空(JAL)労働者の皆様に敬意を表します。と、ともに絶大なる声援をおくります。

また、これは国民皆の重大な問題として、国の基本法である日本国憲法が保障している労働基本権の問題として、また労働基準法を始めとする労働法に関わる重大な問題として考えなければならないとも思いました。第二の日航(JAL)問題が起こさせないためにも。

|

« 「賃金を上げて」、「景気を良くし」、「国民生活を良くする」客観的条件  富は日本に在るのだ!! | トップページ | 富を生み出し、幸福を生み出すのは人間の労働ではないでしょうか? それなのに!! »