« ペイリン陣営が矢面 米国共和党 | トップページ | 国民主権に背を向ける  「米国主権」・「財界主権」の菅民主党変節政権  世人の洞察力  蓋し、ズバリの名言かな!! »

元自民党のエース強力な消費税増税論者与謝野さんの菅民主党内閣への入閣 何を意味するのでしょう?

政治学者、法政大学教授五十嵐仁先生がblog「転成仁語」で明晰判明に分析されておられます。
http://igajin.blog.so-net.ne.jp/

菅民主党政権のこれ以上の主権者国民への裏切りがあるでしょうか!!

--------------------------
与謝野さんが、たちあがれ日本を離党して入閣するというニュースが流れました。通常国会の開会を前に、政局が動き始めたということでしょう。私も、動き出すべき時が訪れたようです。

 与謝野さんの離党と入閣には、二つの意味があるように思えます。一つは、消費税の税率アップに向けて本格的な取り組みを始めるということであり、もう一つは、国会の「ねじれ解消」に向けての工作に着手したというこでしょう。
 菅首相は、社会保障改革と税制改革を一体として検討し、6月までに結論を出すといっています。その担当者に与謝野さんを据えて、消費税率の引き上げに向けての道筋を付けようというわけです。
 それだけでなく、自民党や公明党にパイプのある与謝野さんを通じて、多数派工作を行うということも、当然、考えているはずです。与謝野さんが新党改革に入り、この工作に舛添さんを巻き添えにするということも、充分にあり得るでしょう。

 民主党大会や全国幹事長会議で「民主党離れ」が指摘され、批判や不満が噴出しました。これに対して、菅さんは「反転攻勢」を宣言したそうです。
 「民主党離れ」というのは間違いです。国民が民主党から離れたのではなく、民主党が国民から離れたからです。
 「反転攻勢」という意味は何でしょうか。「国民の生活が第一」というマニフェストから「反転」し、国民生活に対する「攻勢」を強めようというのでしょうか。

(skip)
http://igajin.blog.so-net.ne.jp/
------------------------

|

« ペイリン陣営が矢面 米国共和党 | トップページ | 国民主権に背を向ける  「米国主権」・「財界主権」の菅民主党変節政権  世人の洞察力  蓋し、ズバリの名言かな!! »