« 「オイ、オイ」。 今度はロシア軍機が接近。 いよいよ主権者国民の出番だ!! | トップページ | 民主党は、大企業減税のための消費税増税「NO!」の民意に応えよ!! »

残念!! でも失敗は成功のもと。 「あかつき」 エンジン噴射中に回転 大きく姿勢を崩す。

JAXAは12月8日夜、金星探査機「あかつき」が、金星周回軌道投入のためにエンジンを噴射した際に大きく姿勢を崩し、1回転していたことを明らかにしました。原因を調査し、6年後の軌道再投入につなげるそうです。

あかつきの高利得アンテナ(32kbps)を使い、約28Mバイトのデータをダウンロード。姿勢系のデータを解析した結果を、中村正人プロジェクトマネージャが説明しました。

あかつきは、減速して金星軌道に乗るため、軌道制御エンジンを12分間噴射する予定だったが、噴射開始から2分23秒後の約5秒間で機体が360度ぐるりと回転したことが判明。機体が異常を感知し、ほとんどの機能を停止させる「セーフホールドモード」に入ったといいます。

あかつきを何らかの強い衝撃が襲ったとみられるが、原因について中村プロジェクトマネージャは、「きちんとした解析を行った上でお伝えしたい」と明言を避けました。何かにぶつかったり、軌道制御エンジンに異常が起きた可能性もあり、今後、関連データを解析して詳しい原因を調べるそうです。

未知の世界に入り、前人未踏の仕事をする事の難しさがヒシヒシと伝わって来ます。失敗にめげず、再度の挑戦を期待します。失敗という経験で得たものが、必ずや成功への大きな財産になることと思います。国民皆で応援したいものです。人類の未来が開けるのです。

|

« 「オイ、オイ」。 今度はロシア軍機が接近。 いよいよ主権者国民の出番だ!! | トップページ | 民主党は、大企業減税のための消費税増税「NO!」の民意に応えよ!! »