« アメリカの恐ろしさを知らない北朝鮮 それ程マヌケなのかなぁ? | トップページ | 「デモクラシー ナウ!」ブログって何? 「ウィキリークス」の話題との関連 »

起死回生の妙手 菅民主党政権

主権者の一人としての権限で命令します。

「官民主党政権は、国民が最も望む国民の暮らし、自由・権利、民主主義、平和を、如何なる困難があっても守り、充実させることを国民の前で明確に宣言せよ。そして誠実にその実現に取り組み、その誠が国民に通ずるようにせよ。」

当たり前のことかもしれませんが、この誠意が官民主党政権と主権者国民の一体化を実現する唯一の「妙手」ではないですか。

今この国民に対する誠意に欠けるから、主権者国民との乖離が一層大きくなって行くばかりなのではないでしょうか。

野党の挑発に乗って、汚い野次・言辞の応酬だけの政治では、主権者である国民は大概愛想を尽かしてしまいます。

|

« アメリカの恐ろしさを知らない北朝鮮 それ程マヌケなのかなぁ? | トップページ | 「デモクラシー ナウ!」ブログって何? 「ウィキリークス」の話題との関連 »