« 民主党は「虚偽政党」か? またも・・・ 「政治とカネ」 生方氏 | トップページ | 驚くべき、恐るべき この現実!! 忘れてはいないだろうか? 今のこの社会の現実を。 »

素朴な、人の願い 日本国憲法

一回限りの生をこの世に受けた人という存在は、「生きたいという願い」、「他人に認められて確信をもって生涯を全うしたい」という根源的な巨大なエネルギーを秘めておると思います。

だから、日本の先達、世界の先輩達は、平和と民主主義を理念とする現日本国憲法のような人類史的にも珠玉の憲法を、命懸けで創成し、世に送り出したのではないでしょうか。

今日は11月3日、日本国憲法が公布された記念日です。日本国憲法は既に64年もの長き年を刻みました。

このことは、命懸けで世界の平和実現に貢献してきた日本国民、人類の誇りではないでしょうか。

この日本憲法を蔑ろにして、生み出した悪政を合理化するためにこの憲法の改悪を企むことは、人間、主権者国民への挑戦を宣言するようなものです。

日本の政治の現状は、まさにこれからが正念場のようです。 主権在民。 主権を有する国民、国の主人公である国民に今、鼎の軽重が問われて来ております。

|

« 民主党は「虚偽政党」か? またも・・・ 「政治とカネ」 生方氏 | トップページ | 驚くべき、恐るべき この現実!! 忘れてはいないだろうか? 今のこの社会の現実を。 »