« 一人でも”NO”の声がある限り 無法者は敗北する | トップページ | 朝鮮戦争の再発は米国の挑発にかかっている 田中宇さんのweb。 »

普天間基地大きく「県外移設」へ 沖縄県知事選挙結果

選挙直前ではありましたが、自民党、公明党、みんなの党等が支援・推薦する仲居真弘多知事候補は、普天間米軍基地の「県外移設」を沖縄県民に明確に公約いたしました。そして、薄氷を踏む思いで、知事に当選いたしました。

この公約は沖縄の将来にとって重大な公約です。県民、国民の期待するところ大なるものがあります。

沖縄県民大集会、名護市長選、名護市議選、沖縄県議会決議・・・を通じ、沖縄県民の米軍基地問題解決への悲願は強まるばかり、止まるところがありません。

沖縄県民、国民への公約を裏切り、逆に日米軍事同盟の強化、深化を進め、県内基地強化で基地問題の解決を糊塗しようとしている菅民主党は今回の沖縄県知事選という国政の要に関わる選挙で、政権党でありながらも、候補者を擁立することが出来ないという前代未聞の失態を演じました。

もはや、菅民主党政権は「死に体」同様です。

菅民主党は、ほんとうに主権者国民の付託に応え得る政権、政党なのでしょうか? 

|

« 一人でも”NO”の声がある限り 無法者は敗北する | トップページ | 朝鮮戦争の再発は米国の挑発にかかっている 田中宇さんのweb。 »