« 中国問題で焼け太りたい政治家群 | トップページ | 中国政府 ”理性を” 反日デモに »

民主党鉢呂氏、小沢氏は国会で説明を

民主党の鉢呂吉雄国対委員長は9日午前、北海道小樽市で街頭演説し、強制起訴が決まった小沢一郎元代表への対応に関し、小沢氏自らが国会の場で説明責任を果たしていくのが望ましいとの認識を示しました。
「国民のための国会として機能することが大事だ。小沢氏自身が国民の疑念を晴らし、いつまでも不信感を持たれないようにする必要がある」と述べました。
当然です。裁判という司法の場で問題を明らかにすることは勿論ですが、国会議員については政治的、道義的責任がありますから、小沢一郎氏は国会において、国民の前で、偽証罪のある証人喚問に応じて、その説明責任を明快に果たすべきです。
主権者国民の付託を受けた野党6党の証人喚問要求決定には重いものがあります。
議事録の公開も無い密室審議で、証人喚問のように偽証罪にも問われないアリバイ的審議の政治倫理審査会出席でお茶を濁すようなことで済ませようとしても、主権者国民は許しません。
民主党はまさに今、政治生命が問われているのではないでしょうか。

|

« 中国問題で焼け太りたい政治家群 | トップページ | 中国政府 ”理性を” 反日デモに »