« 名護市議会が「県内」反対 稲嶺市長「国への効果大」 | トップページ | 町村氏に敗れた民主、「政治とカネ」で動けず »

米海兵隊を撤退させよう 信濃毎日意見広告の運動

米軍普天間飛行場の閉鎖・撤去と海兵隊の本国撤退を求める見開き意見広告が、県民総決起大会から満15年の10月21日付「信濃毎日新聞」朝刊に掲載されるそうです

米海兵隊を本国に撤収させるため、日本政府に真剣な交渉を米国政府と進めるよう求め、また、日本の安全保障や平和を自分自身の問題として向き合うことを約束するメッセージを掲載するそうです。賛同者は現在時点で4003人。

本土から、自分の問題として、沖縄の皆さんの不安を除き、暮らしを応援するために輪を広げましょう。

|

« 名護市議会が「県内」反対 稲嶺市長「国への効果大」 | トップページ | 町村氏に敗れた民主、「政治とカネ」で動けず »