« これほど露骨に一方に偏った報道をすることが、今まであったでしょうか。 | トップページ | 日弁連 「レッド・パージ」を断罪 「思想・良心の自由及び結社の自由の侵害」 政府に名誉回復と補償を勧告  »

うさんくさい? 菅・小沢対決 主権者国民はどうするのだろうか

--------------------------------
正直、ザッケローニの監督就任のほうがはるかにインパクトがある。こう切り出すのは、政権党である民主党の代表選との比較においてです。イラ菅とオザワの対決など、最初からうさんくささを感じるからにほかなりません。何が党首選で問題なのか。少しもクリアではありません。ぎりぎりまで挙党態勢の名でふぞろいな同党内(の意見)を制御しようとしてきたわけです。
ようするに、私が思うのは、党首選に名を借りて今の政治の土台を立て直そうという意思がみてとれるのではないかということ。参院選で問われた普天間基地移設問題に象徴されるような米国追従という現状、そして消費税増税で現下の局面をくぐりぬけようとする財界の意向に沿う姿勢、このたとえば2つの重要な現実で民主、自民ともにあらためて同じだということが確認されたのではないかと思うのです。まあ、路線の対決などではさらさらありません。米国と財界のために奉仕する、この姿勢では寸分もたがわない2人の候補者の対決などありえない。こう思える。
嗚呼、日本の政治の貧困。いいかえれば、政治が日常の国民の生活といかに乖離しているかということでしょう。イラ菅とオザワの「対決」などより、日本経済の空洞化を防ぎ、若者の就職難を打開する具体的手立てを提案できる政治家と政党の存在こそが求められているといえるのでは。民主党の党首選など、蹴りまくれ。蹴って葬り去れ。

http://blog.goo.ne.jp/longicorn/e/e8109eee2c7ebff37d7ddf96ce39dfc3?fm=rss
民主党党首選など、蹴って葬り去れ。。blog「花・髪切と思考の浮游空間


--------------------------------

|

« これほど露骨に一方に偏った報道をすることが、今まであったでしょうか。 | トップページ | 日弁連 「レッド・パージ」を断罪 「思想・良心の自由及び結社の自由の侵害」 政府に名誉回復と補償を勧告  »