« 知らぬ間に秋が。 | トップページ | 学ぶ喜び、楽しみ。検事の犯罪を聞いて。 »

沖縄県や宮古島市が自粛要請する中、米軍艦が民間港へ強行入港!!

「沖縄タイムス」、社会  2010年9月22日 09時35分
米軍艦が宮古初入港 自粛要請の中、強行    
http://www.okinawatimes.co.jp/article/2010-09-22_10432/

によると、

在日米海軍第7艦隊第76任務部隊所属で、米海軍佐世保基地に前方配備されている掃海艦「ディフェンダー」(排水量1312トン、乗員80人)が21日午後0時30分ごろ、県や宮古島市が自粛要請する中、同市の平良港に入港しました。県内の民間港への米軍艦船の入港は、2007年6月の与那国町祖納港、09年4月の石垣港以来で、平良港には初めて。

レイモンド・グリーン在沖米国総領事は「最近はソマリアや、東シナ海、南シナ海、朝鮮半島での緊張が高まっている中、航海自由の原則はますます大切だ」と入港の意義を強調。会見後、記者団に「この地域はますます戦略的には重要になる」とも語ったそうです。

沖縄を米国の戦略的基地、要石と位置づけ、利用し、ベトナム、イラク、アフガン等に侵略戦争を遂行してきたアメリカが、よくも言ったというのが、沖縄県民、日本国民の偽らざる気持ちではないでしょうか。

|

« 知らぬ間に秋が。 | トップページ | 学ぶ喜び、楽しみ。検事の犯罪を聞いて。 »