« 民主党代表選はテレビ・マスコミを利用した、延命の、単なる政治ショーか? | トップページ | これが政治の現状。出口のない閉塞空間。「鼎の軽重」を問われる主権者国民。 »

5市議選きょう告示 名護の与野党数焦点 宜野湾は市長選にらむ

-------------------------
統一地方選は5日、名護、沖縄、宜野湾、南城、石垣の5市議選が告示され、全県下で500人超が出馬を予定する選挙戦が本格的にスタートする。名護市議選では、米軍普天間飛行場の辺野古移設に反対する稲嶺進市長を支える与党系と、移設を条件付きで容認してきた野党系との過半数争いが焦点。結果次第では、稲嶺氏の市政運営や移設問題に影響を与えるとして全国的に関心を集めている。

 現在の名護市議会(定数27)は与野党とも12人で、中立が3人と勢力は拮抗(きっこう)。今回の立候補予定者37人のうち、与党系が18人、野党系が16人とみられる。与野党とも15議席以上の獲得を目指す。

 選挙戦では地縁・血縁に頼る面も多く、移設問題の賛否を前面に掲げる候補者は少ない。

 宜野湾市では、伊波洋一市長が県知事選へ立候補を表明し、10月にも辞任予定。与野党の両陣営とも、11月の知事選と同日選挙が濃厚な市長選の前哨戦と位置付けており、勢力拡大をめぐって激しい競り合いが続いている。

 沖縄市では今回の統一地方選最多となる16人の新人が出馬予定で、南城市でも現職より多い新人が名乗りを上げている。石垣市は最も激戦区となるとみられる。

 予定候補者は4日現在、沖縄市(定数30)が37人、宜野湾市(同28)36人、南城市(同20)22人、石垣市(同22)34人となっている。

 統一地方選は7日に大宜味、伊是名両村の村長選と6町16村の議員選挙が告示され、翌日開票の竹富町を除き、12日に投開票される。19日告示、26日投開票のうるま市議選は定数34に43人が立候補する見込み。

 5日は9候補が7議席を争う粟国村議選の投開票も行われる。

http://www.okinawatimes.co.jp/article/2010-09-05_9888/

-------------------------

|

« 民主党代表選はテレビ・マスコミを利用した、延命の、単なる政治ショーか? | トップページ | これが政治の現状。出口のない閉塞空間。「鼎の軽重」を問われる主権者国民。 »