« 夏の涼気 | トップページ | 核兵器廃絶へ連帯を 広島  連合と原水禁国民会議、核禁会議 »

広島、65年の「原爆の日」 米大使「大戦犠牲者に敬意」 核廃絶の日が間近に

Pn2010080601000155___ci0003  被爆から65年の「原爆の日」を迎え、多くの人が訪れた広島・平和記念公園。

-----------------------
 広島市は6日、被爆から65年の「原爆の日」を迎え、広島市中区の平和記念公園では、「原爆死没者慰霊式・平和祈念式」(平和記念式典)が営まれた。原爆投下国である米国からルース駐日大使、国連の潘基文事務総長がいずれも初めて出席。核保有国の英仏もそれぞれ初参加し、過去最多の74カ国が参列した。

 式典終了後、在日米大使館は「大使は第2次世界大戦の全犠牲者に敬意を表すために出席した」との声明を発表した。

 潘氏はあいさつで、被爆者の証言を各国語に翻訳するなど軍縮教育の必要性を指摘。被爆者が生きている間の核廃絶実現を訴えた。

 秋葉忠利市長は平和宣言で、5月の核拡散防止条約(NPT)再検討会議の最終文書が核兵器禁止条約の必要性に言及したことに触れ、「市民の声が国際社会を動かす最大の力になりつつある」と指摘。日本政府に対しては、米国の「核の傘」からの離脱や非核三原則の法制化を要求し、核廃絶の実現を「人類に課せられた責務」と訴えた。

 菅直人首相は非核三原則の堅持を誓った上で、各国代表に対し「核による被害を二度ともたらさないでほしいという、日本国民の思いを受け止めていただきたい」とあいさつした。
-----------------------

人類史上最大の誤り。原爆投下。人類は即時核兵器廃絶を実現し、人類の絶滅を何としても阻止しなければならない。それが、今現代の人々が、何をおいても、果たさなければならない緊急、最大の課題である。これ以上の課題があるか!!

戦後、日本の庶民は草の根から原爆反対の声と行動を、津波の如く、起こし、いまや全人類の先頭に立って、全人類の共鳴を受け、核兵器廃絶を志向する今日の日を迎えたのである。 本式典における、幼ない二人の小学生のアピールが力強い。希望を与えてくれる。

日本政府は、日本国民、人類の良心を具体化した日本国憲法9条を掲げ、隣国から全世界に、平和外交、平和攻勢を進めよ。
それが、戦争ではなく、平和を実現する最短距離である。被爆国である日本政府の説得力は核を有する100万の大軍に勝ること必定である。

|

« 夏の涼気 | トップページ | 核兵器廃絶へ連帯を 広島  連合と原水禁国民会議、核禁会議 »